コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野道風 おののとうふう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野道風(おののとうふう)
おののとうふう
(894―966)

平安中期の能書家。藤原佐理(すけまさ)、藤原行成(ゆきなり)とともに三蹟(さんせき)とよばれ、平安初期の三筆と並び称される。遣隋使(けんずいし)小野妹子(いもこ)をはじめ、篁(たかむら)、恒柯(つねえ)ら文化人を輩出した家系に、葛絃(くずお)の子として生まれた。その伝歴はかならずしもつまびらかでないが、諸記録を点綴(てんてい)すると、右衛門少尉(えもんしょうじょう)、少内記(しょうないき)、内蔵権助(くらのごんすけ)、右衛門佐(すけ)、木工頭(もくのかみ)という官途をたどり、康保(こうほう)3年73歳で没したときには正四位下・内蔵頭(くらのかみ)であったことがわかる。村上(むらかみ)、朱雀(すざく)両天皇の大嘗会(だいじょうえ)に悠紀主基屏風(ゆきすきびょうぶ)の色紙形(しきしがた)を清書したのをはじめ、願文(がんもん)や門額の揮毫(きごう)など、当代随一の能書として目覚ましい活躍を遂げた。その書風は前代に引き続いて中国の王羲之(おうぎし)の書法を根底としたものであったが、豊麗で柔軟な筆法は、『源氏物語』の「絵合(えあわせ)」に「今めかしう」と評されるように、独自の新様式を加味したものであった。後続の佐理、行成を経て完成された、いわゆる和様の書の基礎を築いた功績は大きい。道風の筆跡は在世中から愛好されたが、後世、野跡(やせき)とよばれてますます尊重されるようになった。『智証大師諡号勅書(ちしょうだいししごうちょくしょ)』(東京国立博物館)、『屏風土代(びょうぶどだい)』『玉泉帖(ぎょくせんじょう)』(ともに御物)、『三体白氏詩巻』(正木美術館)、『秋萩帖(あきはぎじょう)』などが遺墨として伝存する。[松原 茂]
『小松茂美著『平安朝伝来の白氏文集と三蹟の研究』(1965・墨水書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小野道風の関連キーワード春日井(市)忠岡(町)屏風土代藤原文化小野道風勝持寺上代様古筆学浅草寺玉泉帖秋萩帖明尊野跡小野和様三聖

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小野道風の関連情報