コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田川 よしだがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田川
よしだがわ

宮城県中部を東西に流れる鳴瀬川の支流。全長 51km。源は船形山の南東麓にある桑沼付近。品井沼の干拓に伴い,1937年河道を鳴瀬川に並行させて約 7km開削し,野蒜 (のびる) 付近で合流させた。川沿いに段丘が発達,下位段丘に条里制の遺構がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐がわ〔‐がは〕【吉田川】

宮城県中部を流れる川。舟形連峰の北泉ヶ岳に源を発し、石巻湾に注ぐ鳴瀬川に合流する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田川
よしだがわ

宮城県中央部を流れる川。仙台市泉(いずみ)区西方の北泉ヶ岳北麓(ほくろく)の桑沼に源を発し、黒川郡を東流し、東松島(ひがしまつしま)市中央部で鳴瀬川と並行して石巻(いしのまき)湾に注ぐ。延長51キロメートル。流域面積352平方キロメートル。かつては品井沼を貫流し鳴瀬川に合流していたが、増水時には鳴瀬川の水が逆流して洪水が頻発した。明治時代から改修工事が始まり、1940年(昭和15)鳴瀬川に並行して新吉田川を掘削する工事が完成した。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉田川の言及

【大郷[町]】より

…人口1万0220(1995)。町域の南部,北部は丘陵で,中央を鳴瀬川の支流吉田川が東流する。現在は水田が広がる吉田川沿岸はかつては低湿地で,吉田川の遊水池としての機能をもっていたが,元禄年間(1688‐1704)から仙台藩の直営で品井沼干拓工事が行われて新田が開発された。…

※「吉田川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉田川の関連キーワード鬼怒川決壊(2015)奥長良川県立自然公園宮城県黒川郡大和町大谷森林キャンプ村宮城県黒川郡大郷町八幡(岐阜県)鹿島台[町]吉田[村]大衡[村]八幡[町]明宝[村]富谷(市)雲南(市)明宝〈村〉嬉野(市)大和[町]大和(町)大郷(町)富谷[町]吉田[町]

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田川の関連情報