コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少数者集団 しょうすうしゃしゅうだんminority group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

少数者集団
しょうすうしゃしゅうだん
minority group

ある社会のなかで,(1) 他の集団に比して規模が小さく,(2) 人種的,身体的特徴や文化的,宗教的特徴が優勢者集団 (多数者集団) と異なり,(3) 社会的ないし政治的権力配分を意識的,無意識的に制限され,(4) みずからグループは差別されているという意識を成員が共有しているような集団。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少数者集団
しょうすうしゃしゅうだん
minority group

少数集団ともいう。小集団small groupとは別の概念。本来は、多数派に対する少数派、および、全人口の過半数以下、または相対的に人口数の少ない集団をさし、アメリカ合衆国内の日系人、日本のアイヌ系日本人や天皇一族、同性愛の人々などがそれである。しかし1930年代以降の社会科学では、人口数の多少よりはむしろ、ある一つの社会のなかで、肉体的または文化的特徴の違いを理由として、他集団とは区別されて不利に扱われる集団をさすようになった。植民地的状況下の有色人がその適例である。しかしこの場合、有色人は普通その社会の全人口の過半数を占めており、「少数者」という表現がしばしば語義の混乱を招いた。
 そこで、最近は用法が限定されてきている。すなわち、優勢な集団(支配集団)と劣勢な集団(従属集団)が上下関係に置かれているある一つの社会において、人口が全人口の過半数以下であり、各集団ごとに決まっている出自の規則によって集団構成員の資格が決められ、かつ集団アイデンティティを共有して統一性を多かれ少なかれ保有している集団が、肉体的または文化的特徴の点で実際にまたは想像のうえで違うことを理由にされて、支配集団によって差別され従属させられる場合、これを少数者集団という。こうした特徴の差異に対応して、少数民族、人種的少数者集団、言語的少数者集団、宗教的少数者集団、政治的少数者集団などが存在する。少数者集団の抱える諸問題は、階級、国家、中央集権制、官僚制、国際関係、人口、人権、偏見などと結び付いており、その解決は人類史の大きな課題である。[鈴木二郎]
『L・リントン編、池島重信監訳『世界危機に於ける人間科学 下巻』(1975・新泉社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

少数者集団の関連キーワードマイノリティ・ポリティックスカルチュラル・スタディーズマイノリティ・グループマイノリティーグループマージナル・マンスケープゴートジャヤワルデネゲットー国際統合地域統合

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android