コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口五郎 やまぐちごろう

3件 の用語解説(山口五郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口五郎
やまぐちごろう

[生]1933.2.26. 東京,東京
[没]1999.1.3. 東京,新宿
琴古流尺八家(→尺八)。琴古流尺八家 1世川瀬順輔門下の山口四郎と千枝(本名ヤエ。地歌箏曲家川瀬里子の姪)の五男。11歳から尺八を父に学ぶ。1956年 NHK邦楽技能者育成会を卒業。1960年バイオリニストの兄,山口元雄と第1回作品発表会を開催。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口五郎 やまぐち-ごろう

1933-1999 昭和後期-平成時代の尺八奏者。
昭和8年2月26日生まれ。山口四郎の5男。11歳のときから父に琴古流をまなび,昭和38年竹盟社宗家をつぐ。国内外で演奏活動をつづけ,「秋に寄す」ほか作曲も手がける。62年東京芸大教授。平成4年人間国宝。7年芸術院賞。平成11年1月3日死去。65歳。東京出身。日本学園高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口五郎
やまぐちごろう
(1933―1999)

琴古(きんこ)流尺八家。11歳より尺八を琴古流竹盟社宗家の父四郎に師事し、13歳で初舞台を踏む。1963年(昭和38)に宗家を継承。67年にアメリカのウェスリアン大学客員教授を務め、77年からは東京芸術大学邦楽科で尺八を教えた。87年同大教授。68年にフランスへの使節として派遣されて以来、海外での演奏活動も盛んで、77年に打ち上げられたアメリカの惑星探査機ボイジャー2号に『巣鶴鈴慕(そうかくれいぼ)』の演奏録音が日本の音として搭載された。若いころから演奏と教育の第一人者としてつねに第一線を歩み、71年第1回モービル音楽賞、74年第29回文化庁芸術祭大賞をはじめ、かずかずの受賞歴も輝かしい。92年(平成4)に尺八としては3人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。古典一筋で磨き抜かれた演奏はずっしりとした落ち着きがあり、とくに本曲(ほんきょく)演奏では正統派の伝統を継承し、『山口五郎琴古流本曲尺八指南』(1991)の映像資料ほかを遺した。[月溪恒子]
「『山口五郎琴古流本曲尺八指南』(1991・ビクター)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山口五郎の関連キーワード多摩日本橋タカシマヤ東京遷都東京都西東京市西原町東京都西東京市緑町東京都墨田区横網疋田桂太郎山崎直三吉岡鳥平東京ガス

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山口五郎の関連情報