コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山川方夫 やまかわまさお

4件 の用語解説(山川方夫の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山川方夫【やまかわまさお】

小説家。本名嘉巳(よしみ)。東京生れ。慶応大学卒。父は日本画家山川秀峰。戦後第3次《三田文学》の編集を担当,江藤淳らを世に送り出した。自らも同誌に《日々の死》を連載。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山川方夫 やまかわ-まさお

1930-1965 昭和時代後期の小説家。
昭和5年2月25日生まれ。山川秀峰の長男。第3次「三田文学」を田久保英夫らと復刊,編集に参加。「日々の死」「海岸公園」などを発表,ショート-ショートの分野にも進出した。交通事故で昭和40年2月20日死去。34歳。東京出身。慶大卒。本名は嘉巳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまかわまさお【山川方夫】

1930‐65(昭和5‐40)
小説家。東京生れ。本名嘉巳(よしみ)。父秀峰は鏑木清方池上秀畝を師とする京都出身の日本画家で,1944年急没。方夫は慶応義塾大学の仏文科卒業後,大学院にすすんだが中退。家計の迫が理由だが,同時に小説家になる意を固め,戦後第3次《三田文学》を田久保英夫,桂芳久とともに復刊した。戦後の青春を自伝的に描いた《日々の死》(1957)によって認められ,《その一年》(1958)で文壇に登場。ショート・ショートの世界でも活躍し,《お守り》(1960)が海外に紹介された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山川方夫
やまかわまさお
(1930―1965)

小説家。東京生まれ。本名嘉巳(よしみ)。慶応義塾大学仏文科卒業。『三田(みた)文学』を編集。江藤淳(じゅん)、曽野綾子(そのあやこ)らを世に送る。自らも『日々の死』(1957)を世に問い、『その一年』(1958)などによって、敗戦時青春にあった世代の苦悩を繊細で透明な文体で描いた。『海岸公園』(1961)に続いて、掌編集『親しい友人たち』(1963)、『長くて短い一年』(1964)を刊行。その一編は海外に紹介され将来を嘱望されたが、交通事故で死去。没後『愛のごとく』(1965)などが出版された。[金子昌夫]
『『山川方夫全集』全五巻(1969~70・冬樹社) ▽金子昌夫著『山川方夫論』(1973・冬樹社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山川方夫の関連キーワード田山花袋梶山季之北陸新幹線九州新幹線北海道新幹線兼国小説家I‐20ABオンキャンパス100BASE‐TX

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山川方夫の関連情報