山川方夫(読み)やまかわまさお

百科事典マイペディアの解説

山川方夫【やまかわまさお】

小説家。本名嘉巳(よしみ)。東京生れ。慶応大学卒。父は日本画家山川秀峰戦後第3次《三田文学》の編集を担当,江藤淳らを世に送り出した。自らも同誌に《日々の》を連載。〈不毛の世代〉を代表して,戦後の自己の青春サルトル的な自識や演技という主題追求。《文学界》に発表した短編《演技の果て》《その一年》《帰任》《海の告発》のうち3編が芥川賞候補となる。短編集《海岸公園》,《愛のごとく》などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

やまかわ‐まさお〔やまかはまさを〕【山川方夫】

[1930~1965]小説家。東京の生まれ。本名、嘉巳(よしみ)。田久保英夫らと「三田文学」を復刊編集長として活躍。自らも小説を執筆し「演技の果て」などで4度の芥川賞候補、「クリスマス贈物」で直木賞候補となる。ショートショート品も残した。作「夏の葬列」「海岸公園」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山川方夫 やまかわ-まさお

1930-1965 昭和時代後期の小説家。
昭和5年2月25日生まれ。山川秀峰の長男。第3次「三田文学」を田久保英夫らと復刊,編集に参加。「日々の死」「海岸公園」などを発表,ショート-ショートの分野にも進出した。交通事故で昭和40年2月20日死去。34歳。東京出身。慶大卒。本名は嘉巳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまかわまさお【山川方夫】

1930‐65(昭和5‐40)
小説家。東京生れ。本名嘉巳(よしみ)。父秀峰は鏑木清方池上秀畝を師とする京都出身の日本画家で,1944年急没。方夫は慶応義塾大学の仏文科卒業後,大学院にすすんだが中退家計迫が理由だが,同時に小説家になる意を固め,戦後第3次《三田文学》を田久保英夫,桂芳久とともに復刊した。戦後の青春を自伝的に描いた《日々の死》(1957)によって認められ,《その一年》(1958)で文壇に登場。ショート・ショートの世界でも活躍し,《お守り》(1960)が海外に紹介された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山川方夫
やまかわまさお
(1930―1965)

小説家。東京生まれ。本名嘉巳(よしみ)。慶応義塾大学仏文科卒業。『三田(みた)文学』を編集。江藤淳(じゅん)、曽野綾子(そのあやこ)らを世に送る。自らも『日々の死』(1957)を世に問い、『その一年』(1958)などによって、敗戦時青春にあった世代の苦悩を繊細で透明な文体で描いた。『海岸公園』(1961)に続いて、掌編集『親しい友人たち』(1963)、『長くて短い一年』(1964)を刊行。その一編は海外に紹介され将来を嘱望されたが、交通事故で死去。没後『愛のごとく』(1965)などが出版された。

[金子昌夫]

『『山川方夫全集』全五巻(1969~70・冬樹社)』『金子昌夫著『山川方夫論』(1973・冬樹社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる