山水長巻(読み)さんすいちょうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山水長巻
さんすいちょうかん

室町時代の画家雪舟晩年の代表的山水図。『四季山水図』とも称する。文明 18 (1486) 年 67歳の作。国宝毛利博物館蔵。幅 40cm,全長 16mに及ぶ長大な絵巻で,水墨淡彩を交えて四季の山水の推移とそこに暮す人々の姿を描く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

山水長巻【さんすいちょうかん】

雪舟筆の四季山水図巻。紙本墨画淡彩で,縦約40cm,横1568cm。1486年雪舟67歳の作。中国の四季山水人物を内容とし,筆法は南宋の夏珪(かけい)にならったものであろうが,雪舟独自の筆意に満ち,室町水墨山水画の最高傑作の一つ。→水墨画
→関連項目雲谷等顔

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

山水長巻

 室町時代の画層・雪舟[せっしゅう]の書いた代表的な絵です。正式には「四季山水図[しきさんすいず]」と言います。人物や建物は中国風ですが、風景は日本風になっています。現在は毛利博物館に保管されており、国宝に指定されています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

さんすいちょうかん【山水長巻】

雪舟筆「四季山水図」の通称。長さ約16メートルの巻物。我が国水墨画の最高傑作といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山水長巻の関連情報