コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山葵 ワサビ

デジタル大辞泉の解説

わさび【山葵】

アブラナ科の多年草。日本特産。渓流の砂礫(されき)地に生える。根茎は太い円柱形で多数の葉の跡があり、緑色。根際から長い柄をもつ心臓形の葉が出る。春、高さ約30センチの茎を伸ばし、白い4弁花を総状につける。根茎は香辛料とし、すりおろすと酵素が働いて鼻につんとくる香気と辛味を生じ、刺身・そば・握りずしなどに用いる。間地で栽培もされる。 春 花=夏》「おもしろう―に咽ぶ泪かな/召波

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

山葵

さびは日本原産の植物です。色は緑色で、さわやかな香り・辛味が特徴です。主に根茎をすりおろしたものを寿司や刺身、お茶漬けやそばの薬味として使用し ます。渓流やきれいな湧き水を利用して栽培する「沢わさび」と、湿気の多い畑やビニールハウスを利用して栽培する「畑わさび」があります。産地静岡県長野県島根県などで、一年中収穫されています。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

わさび【山葵】

アブラナ科の多年草。日本特産。山間の渓流の水辺に生え、栽培もされる。根茎は太く表面に多数の葉痕があり、辛みが強く香気があって香辛料として用いる。葉は根生し、径約10センチメートルの円心形で柄が長い。主産地は静岡・長野・奈良・広島など。 [季] 春。
の根茎をすりおろして香辛料としたもの。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山葵 (ワサビ・サビ)

学名:Wasabia japonica
植物。アブラナ科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

山葵の関連キーワード鉄火巻き・鉄火巻辛み・辛味辛い・鹹い志賀山流さび抜きワサビ鉄火丼葛鰹煮物利く五菜

山葵の関連情報