コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山葵 ワサビ

3件 の用語解説(山葵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わさび【山葵】

アブラナ科の多年草。日本特産。渓流の砂礫(されき)地に生える。根茎は太い円柱形で多数の葉の跡があり、緑色。根際から長い柄をもつ心臓形の葉が出る。春、高さ約30センチの茎を伸ばし、白い4弁花を総状につける。根茎は香辛料とし、すりおろすと酵素が働いて鼻につんとくる香気と辛味を生じ、刺身・そば・握りずしなどに用いる。山間地で栽培もされる。 春 花=夏》「おもしろう―に咽ぶ泪かな/召波

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典の解説

山葵

わさびは日本原産の植物です。色は緑色で、さわやかな香り・辛味が特徴です。主に根茎をすりおろしたものを寿司や刺身、お茶漬けやそばの薬味として使用し ます。渓流やきれいな湧き水を利用して栽培する「沢わさび」と、湿気の多い畑やビニールハウスを利用して栽培する「畑わさび」があります。産地は静岡県・ 長野県・島根県などで、一年中収穫されています。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わさび【山葵】

アブラナ科の多年草。日本特産。山間の渓流の水辺に生え、栽培もされる。根茎は太く表面に多数の葉痕があり、辛みが強く香気があって香辛料として用いる。葉は根生し、径約10センチメートルの円心形で柄が長い。主産地は静岡・長野・奈良・広島など。 [季] 春。
の根茎をすりおろして香辛料としたもの。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山葵の関連キーワード大青あらせいとう崑崙草セイヨウワサビタイサイタカナナバナハクサイ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山葵の関連情報