コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山階鳥類研究所 やましなちょうるいけんきゅうじょ

3件 の用語解説(山階鳥類研究所の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

やましなちょうるいけんきゅうじょ【山階鳥類研究所】

日本の鳥類の分類や生態研究を行う研究機関。山階芳麿により1932年(昭和7)東京都渋谷区の私邸に設立。42年法人化。84年千葉県我孫子市に移転。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やましな‐ちょうるいけんきゅうじょ〔‐テウルイケンキウジヨ〕【山階鳥類研究所】

鳥類の調査・研究を行う公益財団法人。昭和7年(1932)山階芳麿(よしまろ)が私邸に建てた山階鳥類標本館を前身とし、昭和17年(1942)設立。所在地は千葉県我孫子(あびこ)市。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やましなちょうるいけんきゅうしょ【山階鳥類研究所】

日本の鳥類研究,鳥類保護の中心的役割を担う研究機関で,財団法人。前身は1932年に山階芳麿が渋谷区南平台の私邸の一角に建てた山階家鳥類標本館。42年財団法人山階鳥類研究所となり,標本や文献を公開,若い学徒やアマチュアに研究の場を提供した。戦後,焼け残った研究所は,学問に理解のあったアメリカ軍将校の配慮で接収をまぬがれ,小さな建物に動物分類学会,生物地理学会,東亜蜘蛛(くも)学会,野鳥の会,鳥類保護連盟など多数の学界関係機関が身を寄せての再起をはかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山階鳥類研究所の関連キーワード国際保護鳥国鳥走鳥類BLI山階芳麿市田則孝浦本昌紀オースチン黒田長久高野伸二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山階鳥類研究所の関連情報