コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山階鳥類研究所 やましなちょうるいけんきゅうじょ

3件 の用語解説(山階鳥類研究所の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

やましなちょうるいけんきゅうじょ【山階鳥類研究所】

日本の鳥類の分類や生態研究を行う研究機関。山階芳麿により1932年(昭和7)東京都渋谷区の私邸に設立。42年法人化。84年千葉県我孫子市に移転。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やましな‐ちょうるいけんきゅうじょ〔‐テウルイケンキウジヨ〕【山階鳥類研究所】

鳥類の調査・研究を行う公益財団法人。昭和7年(1932)山階芳麿(よしまろ)が私邸に建てた山階鳥類標本館を前身とし、昭和17年(1942)設立。所在地は千葉県我孫子(あびこ)市。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やましなちょうるいけんきゅうしょ【山階鳥類研究所】

日本の鳥類研究,鳥類保護の中心的役割を担う研究機関で,財団法人。前身は1932年に山階芳麿が渋谷区南平台の私邸の一角に建てた山階家鳥類標本館。42年財団法人山階鳥類研究所となり,標本や文献を公開,若い学徒やアマチュアに研究の場を提供した。戦後,焼け残った研究所は,学問に理解のあったアメリカ軍将校の配慮で接収をまぬがれ,小さな建物に動物分類学会,生物地理学会,東亜蜘蛛(くも)学会,野鳥の会,鳥類保護連盟など多数の学界関係機関が身を寄せての再起をはかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山階鳥類研究所の関連情報