コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城重隆 いわき・しげたか

朝日日本歴史人物事典の解説

岩城重隆

没年:永禄12(1569)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。由隆の子。左京大夫。岩城氏は常陸大掾平国香の曾孫則道(隆道)が陸奥国(福島県)磐城郡に土着したのが初めという。その後,好島庄をはじめ磐城郡内に勢力を扶植。重隆の時代,天文年間(1532~55)には北は楢葉郡から南は常陸(茨城県)の一部にまでおよぶ領国を形成。重隆は伊達晴宗との姻戚関係を保ち,相馬氏に対し,伊達氏と連合戦線を結成し,伊達氏天文の乱においても晴宗方についている。月山明徹と号す。荒川の竜門寺に葬る。その子親隆の代には岩城氏は佐竹氏に従属し,のち入嗣もなされた。

(伊藤清郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

岩城重隆の関連キーワード伊達輝宗岩城秀隆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android