コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩室[温泉] いわむろ

百科事典マイペディアの解説

岩室[温泉]【いわむろ】

新潟県西蒲原郡岩室村(現・新潟市),弥彦山北東麓の矢川沿いにわく。弱食塩硫黄泉。27℃。1713年幕府代官の許可が出て温泉所となり,弥彦参詣とあわせて賑いをみせた。
→関連項目西蒲[区]弥彦山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の岩室[温泉]の言及

【岩室[村]】より

…東部は信濃川派川の西川沿いの低地,西部は弥彦山地と狭い海岸低地からなる。中心集落はJR越後線岩室駅のある和納地区。農業と観光が産業の中心。…

※「岩室[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android