岩槻[市](読み)いわつき

百科事典マイペディア「岩槻[市]」の解説

岩槻[市]【いわつき】

埼玉県東部の旧市。1954年市制。綾瀬川,元荒川が流れる台地と沖積低地を占める。中心市街は太田道灌築城と伝える岩槻城城下町で,日光御成街道の宿場町,市場町でもあった。東北自動車道,国道16号線と122号線が交わり,東武野田線が通じる。伝統産業に近世以来の名産で,家内工業ながら全国一の生産額を上げるひな人形などの岩槻人形,桐細工(たんす,羽子板)がある。1972年の東北自動車道開通以来,電気機器,金属,一般機器工業が盛んとなった。周辺では米,施設園芸,野菜栽培が行われる。北部の慈恩寺は坂東第12番札所の名寺。真福寺貝塚など縄文(じょうもん)遺跡が多い。2005年4月さいたま市へ編入し,岩槻区となる。49.16km2。11万110人(2003)。
→関連項目加納藩日光御成道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「岩槻[市]」の解説

いわつき【岩槻[市]】

埼玉県南東部にある市。1954年岩槻町と川通(かわどおり),柏崎,和土(わど),新和(にいわ),慈恩寺,河合の6村が合体,市制。人口10万9546(1995)。岩槻台地と元荒川,綾瀬川の低地よりなる。台地周辺には真福寺遺跡,黒谷貝塚などの縄文時代の遺跡が多い。中心街の岩槻は,1457年(長禄1)太田道灌が築いた岩槻城の城下町として起こり,江戸時代は日光御成道の宿場も兼ねていた。人形づくりは300年余の伝統をもち,1915年には45軒の業者が組合を結成,昭和初期には人形産地としての地位を確立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の岩槻[市]の言及

【ネギ(葱)】より

…葉は濃緑色で太く,葉鞘部は短く太いが,根深ネギとして品質がよい。(3)岩槻(いわつき) 埼玉県の原産で,草丈はやや短く,よく分げつする。葉鞘部は短く,葉身はやや細く濃緑色である。…

※「岩槻[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android