コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納藩 かのうはん

5件 の用語解説(加納藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加納藩
かのうはん

江戸時代,美濃国 (岐阜県) 厚見郡加納地方を領有した藩。慶長6 (1601) 年奥平信昌が 10万石で入封して子忠隆除封以後,大久保氏5万石,松平 (戸田) 氏7万石,安藤氏6万石を経て,宝暦6 (1756) 年永井直陳が武蔵岩槻より3万 2000石で入封,6代を経て廃藩置県にいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

加納藩【かのうはん】

美濃国加納(現岐阜市)に藩庁を置いた譜代中小藩。1601年徳川家康の女婿奥平信昌が10万石で封じられたのに始まる。奥平氏断絶後の1632年に武蔵国騎西(きさい)から大久保忠職が入部し,1639年には大久保氏と交代で播磨国明石から戸田氏が7万石で入部した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かのうはん【加納藩】

江戸時代美濃(みの)国厚見(あつみ)郡加納(現、岐阜県岐阜市加納)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は憲章館、文武館。関ヶ原の戦いの翌1601年(慶長(けいちょう)6)、徳川家康(とくがわいえやす)が娘婿の奥平信昌(おくだいらのぶまさ)に10万石を与えて加納城を築かせ立藩した。奥平氏3代のあと、大久保忠職(ただもと)(5万石)、松平(戸田)氏3代(7万石)、安藤氏3代(6万5000石→5万石)と続いた。次いで1756年(宝暦6)に、武蔵(むさし)国岩槻(いわつき)藩から永井直陳(なおのぶ)が3万2000石で入り、以後明治維新まで永井氏6代が続いた。永井氏は、若年寄など幕府の要職についた藩主もいたが、幕末の戊辰(ぼしん)戦争では新政府側についた。1871年(明治4)の廃藩置県で加納県となり、その後岐阜県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かのうはん【加納藩】

美濃国加納に藩庁を置いた譜代中小藩。現在の岐阜市を中心にした地域に所在。関ヶ原の戦直後の1601年(慶長6)徳川家康の女婿奥平信昌が10万石で封ぜられたのがはじまり。奥平氏断絶後,武蔵国騎西から大久保忠職が32年(寛永9)入部。39年大久保氏と交替で播磨国明石から戸田氏が入部して7万石をはむ。1711年(正徳1)戸田氏は山城国淀へ移封され,備中国松山から安藤氏が入部。初代信友は将軍吉宗のもとで老中を務めたが,2代信尹の時代に家中騒動がおこり,1万5000石没収されて5万石となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加納藩
かのうはん

江戸時代、美濃(みの)国厚見(あつみ)郡加納(岐阜市)に置かれた譜代(ふだい)藩。領地は藩主家の交代のたびに移動したが、その中心は厚見郡であった。1601年(慶長6)10万石で奥平信昌(おくだいらのぶまさ)が入封。2代続いたが無嗣(むし)絶家となる。そのあと大久保忠職(ただもと)が5万石。以後、戸田氏3代が7万石(分与して6万石に減少)、安藤氏3代が6万5000石(減封され5万石に減少)、永井氏6代が3万2000石。1871年(明治4)加納県を経て岐阜県となる。[渡辺和敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の加納藩の言及

【加納】より

…近世では上加納村(のち4村に分村),御園町,加納町,下加納村をさすが,御園町は正確には上加納村の一部であり,加納町も上・下加納両村にまたがって形成されたものである。1601年(慶長6)加納藩の創設にともない,加納城(中世の斎藤利永の城跡)と城下町建設が開始されたが,その際に岐阜城が解体されて加納城に使われ,また岐阜町辺の古家材なども用いられたという。織田信長の制札で有名な加納楽市場(加納市)は,上加納にあった円徳寺門前の寺内町といわれ,のちの加納町とは少し位置が違うように思われるが詳しいことは現在のところ不明。…

※「加納藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加納藩の関連キーワード薄美濃小美濃美濃判美濃部美濃彫あつみひっつみの日厚見王渥美長六各務吉雄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加納藩の関連情報