コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩船寺 ガンセンジ

5件 の用語解説(岩船寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がんせん‐じ【岩船寺】

京都府木津川市加茂町岩船にある真言律宗の寺。山号は高雄山。天平元年(729)聖武天皇の勅願によって行基が建立した阿弥陀堂に始まる。阿弥陀如来座像・三重塔・石室などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岩船寺【がんせんじ】

京都府相楽郡加茂町(現・木津川市)にある真言律宗の寺。〈いわふねでら〉とも。729年行基聖武天皇の勅願により創建したと伝える。現在,本堂,三重塔,庫裏などがあり,三重塔は三間三層本瓦葺(ぶき)で1442年の建立。
→関連項目加茂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がんせんじ【岩船寺】

京都府相楽郡加茂町にある真言律宗西大寺末の寺。山号は高雄山。〈いわふねでら〉,高雄山報恩院ともいう。当寺の縁起では行基開基,空海の甥智泉の中興とするが確証はない。興福寺末の随願寺(東小田原寺)の衰微により,弘安年中(1278‐88)に報恩院,灌頂堂などを移して建立された。浄瑠璃寺とともに興福寺の別所でもあった。現今境内には1848年(嘉永1)に建立された本堂内に946年(天慶9)の巨大な木造阿弥陀如来座像,1442年(嘉吉2)の三重塔などが散在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

がんせんじ【岩船寺】

京都府木津川市加茂町岩船いわふねにある真言律宗の寺。高雄山報因院ともいう。行基による阿弥陀堂建立が始まりと伝える。三重塔、木造阿弥陀如来像などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩船寺
がんせんじ

京都府木津川(きづがわ)市加茂町岩船(かもちょういわふね)にある真言律宗の寺。山号は高雄山(こうゆうざん)。聖武(しょうむ)天皇の729年(天平1)に行基(ぎょうき)が阿弥陀(あみだ)堂を建立したのが始まりで、のち弘法(こうぼう)大師(空海)とその甥(おい)の智泉(ちせん)が伝法を行ってから灌頂(かんじょう)堂となり、智泉が新たに報恩(ほうおん)院を建立した。その後も皇室の援助によって堂舎が建てられ、岩船寺と称するようになった。盛時は寺塔39坊を数えたが、1221年(承久3)承久(じょうきゅう)の乱の兵火にかかり、また1311年(応長1)再度の兵火により堂宇の過半を焼失した。寛永(かんえい)年間(1624~44)徳川幕府の寄進によって修造された。本尊阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)像など国の重要文化財も多い。境内には三重塔、石造の十三重塔と五輪塔、石室(いずれも国の重要文化財)などがある。なお、岩船寺周辺には鎌倉時代のものと推定される石仏、石塔が多い。[野村全宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岩船寺の言及

【岩船寺】より

…京都府相楽郡加茂町にある真言律宗西大寺末の寺。山号は高雄山。〈いわふねでら〉,高雄山報恩院ともいう。当寺の縁起では行基開基,空海の甥智泉の中興とするが確証はない。興福寺末の随願寺(東小田原寺)の衰微により,弘安年中(1278‐88)に報恩院,灌頂堂などを移して建立された。浄瑠璃寺とともに興福寺の別所でもあった。現今境内には1848年(嘉永1)に建立された本堂内に946年(天慶9)の巨大な木造阿弥陀如来座像,1442年(嘉吉2)の三重塔などが散在している。…

※「岩船寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩船寺の関連キーワード海住山寺西大寺浄瑠璃寺真言律宗金胎寺佐伯悟竜性瑜尊如頼玄(1)甕原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩船寺の関連情報