コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩船寺 ガンセンジ

百科事典マイペディアの解説

岩船寺【がんせんじ】

京都府相楽郡加茂町(現・木津川市)にある真言律宗の寺。〈いわふねでら〉とも。729年行基が聖武天皇の勅願により創建したと伝える。現在,本堂,三重塔,庫裏などがあり,三重塔は三間三層本瓦葺(ぶき)で1442年の建立。
→関連項目加茂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がんせんじ【岩船寺】

京都府相楽郡加茂町にある真言律宗西大寺末の寺。山号は高雄山。〈いわふねでら〉,高雄山報恩院ともいう。当寺の縁起では行基開基,空海の甥智泉の中興とするが確証はない。興福寺末の随願寺(東小田原寺)の衰微により,弘安年中(1278‐88)に報恩院,灌頂堂などを移して建立された。浄瑠璃寺とともに興福寺の別所でもあった。現今境内には1848年(嘉永1)に建立された本堂内に946年(天慶9)の巨大な木造阿弥陀如来座像,1442年(嘉吉2)の三重塔などが散在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

がんせんじ【岩船寺】

京都府木津川市加茂町岩船いわふねにある真言律宗の寺。高雄山報因院ともいう。行基による阿弥陀堂建立が始まりと伝える。三重塔、木造阿弥陀如来像などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩船寺
がんせんじ

京都府木津川(きづがわ)市加茂町岩船(かもちょういわふね)にある真言律宗の寺。山号は高雄山(こうゆうざん)。聖武(しょうむ)天皇の729年(天平1)に行基(ぎょうき)が阿弥陀(あみだ)堂を建立したのが始まりで、のち弘法(こうぼう)大師(空海)とその甥(おい)の智泉(ちせん)が伝法を行ってから灌頂(かんじょう)堂となり、智泉が新たに報恩(ほうおん)院を建立した。その後も皇室の援助によって堂舎が建てられ、岩船寺と称するようになった。盛時は寺塔39坊を数えたが、1221年(承久3)承久(じょうきゅう)の乱の兵火にかかり、また1311年(応長1)再度の兵火により堂宇の過半を焼失した。寛永(かんえい)年間(1624~44)徳川幕府の寄進によって修造された。本尊阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)、普賢菩薩(ふげんぼさつ)像など国の重要文化財も多い。境内には三重塔、石造の十三重塔と五輪塔、石室(いずれも国の重要文化財)などがある。なお、岩船寺周辺には鎌倉時代のものと推定される石仏、石塔が多い。[野村全宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩船寺の言及

【岩船寺】より

…京都府相楽郡加茂町にある真言律宗西大寺末の寺。山号は高雄山。〈いわふねでら〉,高雄山報恩院ともいう。当寺の縁起では行基開基,空海の甥智泉の中興とするが確証はない。興福寺末の随願寺(東小田原寺)の衰微により,弘安年中(1278‐88)に報恩院,灌頂堂などを移して建立された。浄瑠璃寺とともに興福寺の別所でもあった。現今境内には1848年(嘉永1)に建立された本堂内に946年(天慶9)の巨大な木造阿弥陀如来座像,1442年(嘉吉2)の三重塔などが散在している。…

※「岩船寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩船寺の関連キーワード京都府木津川市加茂町岩船加茂(京都府)藤原彫刻梁 雅子実範

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩船寺の関連情報