川上 三太郎(読み)カワカミ サンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

川上 三太郎
カワカミ サンタロウ

大正・昭和期の川柳作家



生年
明治24(1891)年1月3日

没年
昭和43(1968)年12月26日

出生地
東京市日本橋区蠣殻町(現・東京都中央区)

本名
川上 幾次郎

学歴〔年〕
大倉商〔明治44年〕卒

主な受賞名〔年〕
川柳文化賞(第1回)〔昭和41年〕,紫綬褒章〔昭和41年〕

経歴
大正9年東京毎夕新聞社に入り、学芸部長などを務め、昭和2年退社。一方、13歳から川柳を作り、新川柳運動を起こした柳樽寺川柳会・井上剣花坊の門に入った。5年国民川柳会を結成、のち雑誌「川柳研究」を発刊して川柳の文学的地位向上をはかり、新聞・ラジオなどで川柳の社会普及に尽力した。41年第1回川柳文化賞を受賞。著書に「風」「孤独地蔵」「新川柳一万句集」「川柳滑稽句集」「おんな殿下」「川柳200年」など。評伝に「川柳人 川上三太郎」(河出書房新社)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

川上 三太郎 (かわかみ さんたろう)

生年月日:1891年1月3日
大正時代;昭和時代の川柳作家
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android