コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市制・町村制 しせい・ちょうそんせい

百科事典マイペディアの解説

市制・町村制【しせい・ちょうそんせい】

政府が国会開設に先立ち地方統治構造を固めるために,1888年公布,翌年施行した地方制度。市町村は地方公共団体としての地位を確立したが,市町村の選挙・被選挙権を持つのは直接国税2円以上の納入者に限られるなど少数の有産者が権限を握り,政府の内務大臣の強い統制下に置かれ,自治権は弱かった。
→関連項目三新法若松

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

市制・町村制の関連キーワード郡区町村編制法栃木(県)大森 鐘一普通選挙法市町村合併鳥取(県)市町村制山県有朋地方財政地方議会明治天皇旧平和村収入役名誉職財産区住民税モッセ公有地管掌公民

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市制・町村制の関連情報