市川 寿海(3代目)(読み)イチカワ ジュカイ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「市川 寿海(3代目)」の解説

市川 寿海(3代目)
イチカワ ジュカイ


職業
歌舞伎俳優

肩書
日本芸術院会員〔昭和35年〕,重要無形文化財保持者(歌舞伎立役)〔昭和35年〕

本名
太田 照造(オオタ ショウゾウ)

旧名・旧姓
市川

別名
前名=市川 高丸,市川 満之助,市川 登升,市川 寿美蔵(6代目)(イチカワ スミゾウ)

屋号
成田屋

生年月日
明治19年 7月12日

出生地
東京市 日本橋区蠣殻町(東京都 中央区)

経歴
仕立職人の三男。5代目市川小団次に入門、明治27年高丸で初舞台。36年市川満之助と改名。38年5代目市川寿美蔵の養子となり、市川登升の名で名題披露。40年6代目寿美蔵襲名。42年2代目市川左団次・小山内薫と自由劇場を創立。大正11年童話劇団小寿々女座を創設。13年2代目左団次とともに満州巡業。大正末期より昭和10年まで左団次一座で修業。同年には第一次東宝劇団に参加。3年後松竹に復帰。さらに2代目市川猿之助と新鋭劇団を組織。戦後は21年関西に移住、23年大谷竹次郎の依頼で関西歌舞伎の座頭となり、24年3代目市川寿海を襲名。33年花梢会結成。「少将滋幹の母」「新平家物語」など新作に当たり役が多く、朗々たる台詞術に定評があった。35年日本芸術院会員、同年人間国宝、38年文化功労者。他の当たり役は「元禄忠臣蔵(御浜御殿)」の綱豊卿、「番町皿屋敷」の青山播磨、「鳥辺山心中」の半九郎、「梶原平三誉石切」の梶原景時、「一条大蔵譚」の長成卿、「博多小女郎浪枕」の小松屋惣七、「盛綱陣屋」の佐々木盛綱など。

受賞
日本芸術院賞(第9回 昭27年度)〔昭和28年〕,文化功労者〔昭和38年〕 菊池寛賞(第6回)〔昭和33年〕,朝日賞〔昭和34年〕,テアトロン賞(昭36年度)

没年月日
昭和46年 4月3日 (1971年)

家族
養父=市川 寿美蔵(5代目),養子=市川 雷蔵(俳優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

20世紀日本人名事典「市川 寿海(3代目)」の解説

市川 寿海(3代目)
イチカワ ジュカイ

明治〜昭和期の歌舞伎俳優



生年
明治19(1886)年7月12日

没年
昭和46(1971)年4月3日

出生地
東京市日本橋区蠣殻町(現・東京都中央区)

本名
太田 照造

別名
前名=市川 高丸,市川 登升,市川 寿美蔵(6代目)(イチカワ スミゾウ)

屋号
成田屋

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞〔昭和27年〕,菊池寛賞(第6回)〔昭和33年〕,朝日賞〔昭和34年〕,テアトロン賞(昭36年度),文化功労者〔昭和38年〕

経歴
5代目市川小団次に入門、明治27年高丸で初舞台。37年5代目市川寿美蔵の養子となり、市川登升の名で名題披露。40年6代目寿美蔵襲名。長く2代目市川左団次と組み、自由劇場にも参加、大正11年童話劇団小寿々女座を創設、中国を巡業。昭和10年には第1次東宝劇団に参加。3年後松竹に復帰。さらに2代目市川猿之助と新鋭劇団を組織。戦後は23年大谷竹次郎の依頼で関西歌舞伎の座頭となり、24年3代目寿海を襲名。「少将滋幹の母」「新平家物語」など新作に当たり役が多く、朗々たる台詞術に定評があった。34年芸術院会員、35年人間国宝、38年文化功労者。他の当たり役は「助六」「御浜御殿」の綱豊卿、「皿屋敷」の青山播磨、「鳥辺山心中」の半九郎など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「市川 寿海(3代目)」の解説

市川 寿海(3代目) (いちかわ じゅかい)

生年月日:1886年7月12日
明治時代-昭和時代の歌舞伎俳優
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android