コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七夕踊 たなばたおどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七夕踊
たなばたおどり

江戸時代初期から享保年間(1716~36)頃に流行した少女による七夕踊り盆踊の一種で,小町踊とも呼ばれた。菅江真澄は『伊那の中路』のなかで,天明3(1783)年の七夕の晩に信州洗馬(長野県松本市洗馬)で見た七夕踊について,「身のけそう,きよらによそひたちて,めのわらは,あまたむれつどひ,さゝらすりもてうたひごち,こよひや,ほしをいさめ奉るならん」と,美しく装った少女たちが,ささらをすって歌をうたいながら踊る様子を記している。また 7月13日の迎え火の晩にも,七夕踊と同様の少女による踊りが街を練っていたことを記している。神奈川県南足柄市の足柄ささら踊りは,本来は少女の踊りで,七夕踊の系譜をひくといわれ,びんざさらと小太鼓の囃子に合わせて近世歌謡をうたいながら踊る。また,島根県雲南市木次の盆踊は,七夕踊りと呼ばれている。鹿児島県いちき串木野市大里の市来七夕踊では,青年たちによる太鼓踊が,シカ,トラ,ウシのつくりものとともに練り歩く。(→風流踊

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たなばたおどり【七夕踊】

民俗舞踊の一種。もと旧暦7月7日の七夕の日に行われた踊り。江戸時代初期から享保期(1716‐36)にかけて,京都で少女が小町踊を七夕に踊るのが流行した。現在残っているもののうち島根県大原郡木次町の七夕踊は〈盆踊〉ともいい,《七夕踊》《山くづし》《関の五本松》の3曲からなる。鹿児島県日置郡市来(いちき)町の〈市来の七夕踊〉は,七夕に行われる風流(ふりゆう)で,鹿,虎,牛,鶴の大張子の作り物,琉球王行列,大名行列,薙刀なぎなた)踊の行列物と,七夕踊の中心をなす太鼓踊からなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の七夕踊の言及

【小町踊】より

…江戸初期から中期にかけて京都で流行した風流(ふりゆう)踊の一種で,七夕(たなばた)の日に踊ったので〈七夕踊〉ともいう。7,8歳から17,18歳までの少女が美しい晴着を身につけ,鉢巻や片たすきをかけ,朱の日傘をさしかけ,手に団扇(うちわ)太鼓を持って家々を訪問し,盆歌をうたいながら輪になって踊った。…

※「七夕踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

七夕踊の関連キーワード鹿児島県いちき串木野市いちき串木野(市)七夕踊[市来]薩摩くろ七夕民俗舞踊小町踊り小町小町

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android