コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七夕踊 たなばたおどり

3件 の用語解説(七夕踊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七夕踊
たなばたおどり

江戸時代初期から享保年間(1716~36)頃に流行した少女による七夕の踊り。盆踊の一種で,小町踊とも呼ばれた。菅江真澄は『伊那の中路』のなかで,天明3(1783)年の七夕の晩に信州洗馬(長野県松本市洗馬)で見た七夕踊について,「身のけそう,きよらによそひたちて,めのわらは,あまたむれつどひ,さゝらすりもてうたひごち,こよひや,ほしをいさめ奉るならん」と,美しく装った少女たちが,ささらをすって歌をうたいながら踊る様子を記している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たなばた‐おどり〔‐をどり〕【七夕踊(り)】

小町(こまち)踊り

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たなばたおどり【七夕踊】

民俗舞踊の一種。もと旧暦7月7日の七夕の日に行われた踊り。江戸時代初期から享保期(1716‐36)にかけて,京都で少女が小町踊を七夕に踊るのが流行した。現在残っているもののうち島根県大原郡木次町の七夕踊は〈盆踊〉ともいい,《七夕踊》《山くづし》《関の五本松》の3曲からなる。鹿児島県日置郡市来(いちき)町の〈市来の七夕踊〉は,七夕に行われる風流(ふりゆう)で,鹿,虎,牛,鶴の大張子の作り物,琉球王行列,大名行列,薙刀(なぎなた)踊の行列物と,七夕踊の中心をなす太鼓踊からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の七夕踊の言及

【小町踊】より

…江戸初期から中期にかけて京都で流行した風流(ふりゆう)踊の一種で,七夕(たなばた)の日に踊ったので〈七夕踊〉ともいう。7,8歳から17,18歳までの少女が美しい晴着を身につけ,鉢巻や片たすきをかけ,朱の日傘をさしかけ,手に団扇(うちわ)太鼓を持って家々を訪問し,盆歌をうたいながら輪になって踊った。…

※「七夕踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

七夕踊の関連キーワード節供民俗舞踊七日秋の七日節句七夕祭七夕の国吉弘楽変化舞踊七夕の節句

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七夕踊の関連情報