コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯山与兵衛(9代) たいざん よへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

帯山与兵衛(9代) たいざん-よへえ

1856-1922 明治-大正時代の陶工。
安政3年生まれ。明治11年帯山家の養子となり9代をつぐ。装飾性の豊かな色絵陶器を製作し,6代錦光山(きんこうざん)とともに,積極的に陶器の海外輸出をはかった。大正11年死去。67歳。旧姓は清水。名は竜三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

帯山与兵衛(9代)

没年:大正11(1922)
生年:安政3(1856)
明治大正期の京都の陶芸界の指導者。3代清水九兵衛の次男。京都生まれ。名は竜三郎。明治11(1878)年帯山家の養子となり,9代帯山与兵衛を継ぐ。帯山家は錦光山家,安田家と共に粟田口焼を代表する窯屋で,明治維新後いちはやく輸出陶器を心がけていたが,この推進役として9代与兵衛は大活躍した。白釉の陶胎をベースにして,伝統の色絵に十錦手を加味し,さらに金泥をたっぷり使って,京薩摩と呼ばれる装飾性豊かな器を作り,各国の万国博覧会銀牌を受賞した。明治27年に粟田口窯を廃し,京都南部の八幡に南山焼を興したといわれる。

(矢部良明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

帯山与兵衛(9代)の関連キーワード大正時代高橋帯山伊東陶山陶工

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android