コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯祝い おびいわい

4件 の用語解説(帯祝いの意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

おびいわい【帯祝い】

妊娠5か月目の「戌の日(いぬのひ)」に、妊婦さんに白布の腹帯を巻き、安産を祈る儀礼。用いる帯は「岩田帯」と呼ばれます。お産が軽い(安産)の犬(戌)にあやかろう、というものです。「着帯(ちゃくたい)の祝い」ともいいます。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典の解説

帯祝い

帯祝いとは、「着帯〔ちゃくたい〕祝い」ともいわれ、妊娠5ヶ月目の頃の戌〔いぬ〕の日に安産を祈って岩田帯〔いわたおび〕を巻く儀礼です。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯祝い
おびいわい

妊婦が腹帯を締める祝い。オビカケ,オビシメ,ハラブルマイなどと呼ぶ地方もある。一般に妊娠5ヵ月目の戌の日に行なうところが多い。これはイヌの安産にあやかるためといわれている。地方によって3ヵ月,7ヵ月目に祝うところもあり,また腹帯を締めない例もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帯祝い
おびいわい

妊娠して5か月目あるいは7か月目に、胎児の無事成長を祈って腹帯を締める儀礼。白または紅白の晒(さらし)木綿一反、七尺五寸三分(約2.3メートル)とめでたい数字を重ねた長さの地方もあるが、この布を腹に巻く。夫に締めてもらうと安産であるとか、夫が一度褌(ふんどし)に締めるまねをすると安産であるなど、夫が関与する伝承が多い。腹帯は、妊婦の親里あるいは仲人(なこうど)親が贈るといわれているが、今日では病院で帯を用意することが多い。かつてはこのとき産婆を決めるものであった。帯祝いをオボタテ祝いという所があるが、オボは生児の霊魂を意味する語であり、タテは存在を示す語として、一本の布を結ぶことによって、生児の生命を確認し、未生以前の生存権を承認することでもあった。[鎌田久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帯祝いの関連キーワード初節句結婚記念日七五三贈答宮参り成人式贈答歌厄除けお盆お祭り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帯祝いの関連情報