コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平安南道 ピョンアンナムド

百科事典マイペディアの解説

平安南道【へいあんなんどう】

朝鮮民主主義人民共和国中西部の道。5市15郡1区(平壌南浦は平安南道の区域内にあるが別の行政区画)。道都の平城は1968年新設の市で,道行政機関が平壌から移された。他に市は順川徳川安州价川(かいせん)。地形は,東部山岳地帯,中部丘陵地帯,西部低地帯に分けられ,東部は妙香・狼林・北大峰の各山脈,中部は標高500m内外,西部は大同江流域平野,平壌準平原,安州・江西平野が広がり,黄海に臨む。朝鮮民主主義人民共和国第1の農・工業地帯で,農業は米,トウモロコシ,アワ,キビ,ダイズ,タバコ,綿花,リンゴの産が多い。鉱産には北部と南部に炭田があり,价川の鉄・黒鉛,成興・順安の金・銀・石灰石・有色金属鉱がある。豊富な電力を利用して近代工業が発達し,降仙製鋼所,南浦製錬所,大安電機工場(大安),徳川自動車工場,岐陽農機具工場(岐陽)のほか,順川の石灰・窒素肥料・製薬,勝湖里のセメントなどがある。交通は平壌を中心に水陸とも発達している。1万2330km2。405万2000人(2008)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ピョンアンナムド【平安南道】

朝鮮民主主義人民共和国の西部、大同江テドンガンの流域を占め、黄海に臨む道。道都は平城ピヨンソン。へいあんなんどう。

へいあんなんどう【平安南道】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平安南道
へいあんなんどう / ピョンアンナムド

北朝鮮、西部地方の中心を占める道。面積約1200平方キロメートル。行政区画は1市(平城)、20郡(1994)。道所在地は平城。南部に隣接する南浦直轄市は1980年代には平安南道に所属していた。地形は東高西低で、平地や丘陵が60%を占めている。気候は大陸性気候で、年平均気温は海岸地方10℃、東部の陽徳で7.7℃である。年降水量は700~1000ミリメートル。河川は北東から南西へ流れる大同江水系である。
 平安南道から南浦直轄市にかけての地下資源は無煙炭の埋蔵が全国の80%を占め、質のよい無煙炭は平南北部炭田(朝陽、殷山(いんさん)、北倉)と南部炭田(寺洞(じどう)、三神、江西)で産出される。このほか成川の鉛、亜鉛、咸興(かんこう)の金、銀、陽徳のアンチモン、价川(かいせん)の燐(りん)灰石などが採掘されている。動力資源は北倉火力の40万キロワットがある。このような有利な条件のもとに、大同江下流一帯の平安南道および南浦直轄市に北朝鮮屈指の大工業地帯を形成した。そのおもなものは金属工業で、降仙製鋼所(現千里馬製鋼連合企業所)、南浦製錬所(南浦)があり、機械製作工業では年産3万台のトラクターを生産する金城トラクター工場のほか、大安電気工場(南浦・龍岡郡)、勝利自動車工場、南浦通信機械工場、南浦造船所(南浦)がある。化学・建材工業では順川の肥料、セメント、製薬工場と、南浦のガラス工場がある。軽工業では広梁(こうりょう)湾の塩田による製塩工場が南浦、貴城にある。農業は、耕地面積が他道より広く、灌漑(かんがい)用水も整っているので生産量が多い。米や麦類、トウモロコシ、雑穀を産出しているが、稲作より畑作が多い。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平安南道の言及

【平安道】より

…朝鮮八道の一つで,関西地方とも呼ばれる。現在は朝鮮民主主義人民共和国に属し,平安北道(道都,新義州),平安南道(道都,平城市。平壌市の北郊が1968年分離したもの),慈江道(1949新設。…

※「平安南道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平安南道の関連情報