コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平林初之輔 ひらばやしはつのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平林初之輔
ひらばやしはつのすけ

[生]1892.11.8. 京都,深田
[没]1931.6.15. パリ
評論家。 1917年早稲田大学英文科卒業。『唯物史観と文学』 (1921) で認められ,22年『種蒔く人』に参加,『無産階級の文化』 (23) などでプロレタリア文学運動の理論的指導者となった。しかし,『政治的価値と芸術的価値』 (29) で,マルクス主義芸術論を根本的に批判し,芸術の自主性を前面に押し進めることを試みた。以後,フランス実証主義に基づく文学理論形成に努めた。 31年早大留学生としてフランスに渡り,パリで開かれた第1回国際文芸家協会大会に日本代表として出席したが,同地客死。ほかに『文学理論の諸問題』 (29) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひらばやし‐はつのすけ【平林初之輔】

[1892~1931]文芸評論家。京都の生まれ。「種蒔く人」「文芸戦線」同人。初期プロレタリア文学運動の理論家として活躍したが、のちに同運動の政治主義を批判し論争を引き起こした。著作に「無産階級の文化」「文学理論の諸問題」など。訳書ルソーの「エミール」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平林初之輔【ひらばやしはつのすけ】

文芸評論家。京都府生れ。早大英文科卒。《種蒔く人》同人となり,唯物史観に基づく文学理論を展開,初期プロレタリア文学の理論的指導者として活躍し《無産階級の文化》を書いた。
→関連項目太陽文芸戦線

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平林初之輔 ひらばやし-はつのすけ

1892-1931 大正-昭和時代前期の評論家。
明治25年11月8日生まれ。初期プロレタリア文学運動の理論家として活躍。昭和4年の評論「政治的価値と芸術的価値」でプロレタリア文学理論の矛盾をついて論争をひきおこす。昭和6年6月15日パリで客死。40歳。京都出身。早大卒。著作に「無産階級の文化」「文学理論の諸問題」,訳書にルソー「エミール」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひらばやしはつのすけ【平林初之輔】

1892‐1931(明治25‐昭和6)
文芸評論家。京都府の生れ。早大英文科卒。1918年やまと新聞に入社し,文芸時評を担当。20年国際通信社に移り,青野季吉らとマルクス主義を研究。のち《種蒔く人》《文芸戦線》同人となり,初期プロレタリア文学運動の代表的理論家として活躍した。31年国際文芸家協会大会出席のため渡仏,パリで客死する。著書に《無産階級の文化》(1923),《文学理論の諸問題》(1929)などがある。【関口 安義】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひらばやしはつのすけ【平林初之輔】

1892~1931) 文芸評論家。京都生まれ。早大卒。「種蒔く人」「文芸戦線」同人。初期プロレタリア文学運動の理論的指導者。のち同運動の政治主義を批判。評論「文学理論の諸問題」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平林初之輔
ひらばやしはつのすけ
(1892―1931)

評論家。京都府出身。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。1922年(大正11)雑誌『種蒔(ま)く人』に参加し、マルクス主義にたつ気鋭の文芸評論家、文学理論家として活躍。翌23年、評論集『無産階級と文学』を刊行する。唯物史観による文学理論の支柱として高く評価された。しかし運動が統廃合され、政治的に急進化するにつれて離脱。のち『政治的価値と芸術的価値』(1929)を著してプロレタリア文学運動に懐疑的な批判を投げかけて大きな論議を巻き起こした。それを含む後期の評論は『文学理論の諸問題』(1929)にまとめられている。31年(昭和6)パリで客死。柔軟にして科学的な文学研究家であるとともに、推理作家、翻訳家としても知られる。[紅野謙介]
『『平林初之輔文芸評論全集』全三巻(1975・文泉堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平林初之輔の言及

【プロレタリア文学】より

…1921年創刊の《種蒔く人》誌に結集した小牧近江らは,反軍国主義とその4年前に実現したロシア革命の擁護ということを掲げて,広く進歩的な思想家,作家たちに結集を訴え,明治・大正以来の社会主義文学(木下尚江,石川啄木,宮島資夫(すけお),平沢計七ら)とはちがう新しい運動として出発した。第1次大戦以来のデモクラシーの潮流と,労働者階級の増大,その自覚の成長,小作争議の頻発に見られる農民の新動向などに支えられて,まず進歩派の知識人の運動として始まったのであったが,《種蒔く人》の運動がしだいに進むに伴って,労働者階級と文学の関係,解放運動と文学の役割などについて理論的な手さぐりが進行し,平林初之輔,青野季吉を中心に革命文学の主張が行われるにいたった。しかし〈革命〉ということばは当時の検閲下では禁句であり,伏字にせざるをえなかったので,革命文学という代りにプロレタリア(労働者階級,無産者)の文学ということばをもち出し,22年ころから〈プロレタリア文学〉ということばが掲げられるにいたった。…

※「平林初之輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平林初之輔の関連キーワードピアソン(Karl Pearson)平林 初之輔民衆芸術論林 柾木文学論争平林

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android