コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼学綱要 ようがくこうよう

5件 の用語解説(幼学綱要の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幼学綱要
ようがくこうよう

明治初期の幼童のための欽定教訓書。 1882年出版。7巻。明治天皇の命を奉じ,元田永孚が中心となって編集したもので,古典からの引用と中国および日本の例話をあげながら,孝行,忠節をはじめ,和順,友愛,信義,勤学,立志,誠実,仁慈,礼譲,倹素など 20徳目を掲げて,国民の守るべき道徳を説いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ようがくこうよう〔エウガクカウエウ〕【幼学綱要】

修身書。7巻3冊。元田永孚(もとだながざね)編。明治15年(1882)宮内省より出版。明治天皇の勅命によって、児童に仁義忠孝の道を教えるために作られた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようがくこうよう【幼学綱要】

明治天皇の勅令により侍講元田永孚(ながざね)によって編纂され1882年刊行された修身書。一時《童蒙修身綱要》とも称した。1879年明治天皇の公教育への意向を表したとされる〈教学聖旨〉により開化主義を修正し仁義忠孝の道徳を明らかにしようとする教学刷新の方針が示され,これに基づいて元田に幼童のための教訓書を編纂すべしとの下命があった。元田は,高崎正風(まさかぜ),池原香穉(こうち)(1830‐84)らの協力のもとに幼学綱要の編纂にあたり81年には成稿を得たがなお修訂を重ね,82年宮内省より印刷頒布した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようがくこうよう【幼学綱要】

修身教育書。七巻三冊。元田永孚ながざね著。1882年(明治15)完成。孝行・忠節・和順など儒教での徳目を例話や画を交えて説き、幼童の教化をめざしたもの。宮内省より全国の学校へ配布。のちの教育勅語の基となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幼学綱要
ようがくこうよう

1882年(明治15)勅命により侍講(じこう)元田東野(もとだとうや)(永孚(ながざね))が編集した児童用修身書。明治天皇は1878年東山(とうざん)、北陸、東海を巡察、これに基づいて教育方針改善意見を元田に起草させた(「教学聖旨」。1879)。しかし、祖訓を明徴にし、仁義忠孝という儒教道徳によって国教を樹立するという教学観は、伊藤博文(ひろぶみ)らの反対を受け、その具体化は宮内省を中心に行われた。すなわち、79年8月、元田に幼少児童へ教学の要を知らせる書を編集すべきことが下命され、元田らはこれを受けて81年夏脱稿、82年12月宮内省より『幼学綱要』として刊行された。本書は上中下三冊七巻からなり、孝行、忠節、和順、友愛、信義など20の徳目をたて、経書によってその意義を説明し、和漢の歴史事例を引用しつつ、絵画によって解説を加えた。頒布にあたってはとくに、「明倫修徳ノ要茲(ここ)ニ在(あ)ル事ヲ知ラシム」との勅諭が添えられた。後年の「教育勅語」発布の先駆的な位置にあるものと評価されている。[尾崎ムゲン]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の幼学綱要の言及

【道徳教育】より

…このように日本の学校とくに初等教育機関では,明治10年代前半に修身科を中心とした道徳教育がもっとも重要な教育とされるようになった。82年には,天皇の旨を奉じた侍講元田永孚(もとだながざね)の編纂した《幼学綱要》が宮内省から刊行された。それは和漢の歴史から材料をとった儒教主義にもとづく修身書であった。…

※「幼学綱要」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幼学綱要の関連キーワード元田永孚勅令ナントの勅令講元勅命長座園田太邑徳永規矩土肥樵石元田東野

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幼学綱要の関連情報