延納(読み)エンノウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐のう〔‐ナフ〕【延納】

[名](スル)料金などを、期日に遅れて納めること。「会費を延納する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんのう【延納】

( 名 ) スル
期日に遅れて納めること。納付を延期すること。 「授業料を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

延納
えんのう

納税者の納税資金の準備に必要な期間を考慮し、一定期間を限って租税の納付の延期を認める制度。所得税、法人税、相続税贈与税について認められている。延納を許可された場合には、延納の期間中に延滞税を課されたり督促を受けることはないが、即納した納税者とのバランスを考慮して、延納する税額に年7.3%の割合を乗じた利子税が課される。なお、国有財産の売却代金または交換差金などにも延納の制度がある。[林 正寿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐のう ‥ナフ【延納】

〘名〙
① 期限におくれて納めること。納入の期限をのばすこと。
※農商務省訓令第四六号‐明治三二年(1899)一一月二七日「国有林野及産物売払代金延納に関する担保取扱方」
② ひきいれること。味方にすること。
一年有半(1901)〈中江兆民〉三「其政敵と雖も〈略〉一日相共にす可きを見て、心竊に之を延納するが如き態有り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の延納の言及

【利子税】より

付帯税の一種で,延納または納税申告書の提出期限の延期が認められる場合に課される。遅延利息の性質をもたない。…

※「延納」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延納の関連情報