コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓取式(読み)ゆみとりしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弓取式
ゆみとりしき

相撲興行で1日の取組が終了したとき,決められた力士行司からを受け,これを土俵上で操り,四股を踏む儀式江戸時代相撲興行の最終日 (千秋楽) には,最後の勝負に勝った力士に対し弓を与えていた。それが横綱谷風梶之助ののちは幕下の力士が代理で弓を受けることになり,次第に儀式化して,現代のような弓取式の形態となった。 1952年1月場所以後,千秋楽にだけ行なってきた弓取式を毎日行なうようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

弓取式【ゆみとりしき】

相撲興行において,1日の最後の取組の勝力士に賞として与えられる弓を代人の幕下力士が受け取り,土俵上で縦横に振り回し四股(しこ)を踏む儀式。平安時代相撲節会(せちえ)で,勝者の近衛側から舞人が登場し,弓を取って立合舞を演じたのが起源とされ,勝力士に弓を与えることは織田信長に始まる。江戸の勧進相撲では千秋楽の結びの3番の勝力士に,大関相当者に弓,関脇相当者に弦,小結相当者に矢1対を与えるようになった。のち次第に儀式化し,1952年1月場所からは毎日弓取式が行われることになった(三役の勝力士に対する弓,弦,矢の授与は千秋楽だけ)。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆみとりしき【弓取式】

相撲興行において,一日の取組が終わると,あらかじめ定められた幕下の力士が出場し,行司から弓を受け,これを手にして土俵上で左右に縦横に振り回し,勇壮に〈しこ〉を踏む儀礼。これは勝力士の喜びを表現する意味がある。平安時代の相撲節会(すまいのせちえ)のとき,相撲取組の終わったあと,勝ったほうの左右いずれかの近衛側から舞人が登場して弓をとって立合舞(たちあいのまい)を演じた。これが弓取式の起源だといわれているが,勝力士にほうびとして弓を与えることは織田信長のときから始まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弓取式の関連情報