コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘法清水 こうぼうしみず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘法清水
こうぼうしみず

弘法の井戸ともいい,水の不自由な土地に弘法大師 (空海) が泉を生じさせたという伝説で,広く全国的に類話が伝わる。行脚の途次,渇きを覚えた弘法大師が1軒の家に立寄り水を所望するが,そこには水がなく,老婆がわざわざ遠方より汲んできてもてなす。大師は水に不自由なのを哀れみ,杖で地面を突いて泉を出し与える,といった話。これとは逆に,大師の求めを断ったばかりに,泉が止ってしまったり,あるいは水が濁ってしまった,という話も伝えられている。大師は,もともと神の子を呼ぶ大子 (おおいこ) であったが,大子を「だいし」と読んだことから大師に転じ,弘法大師といわれるようになったと考えられる。ところによっては伝教大師とする地もある。水に対する尊重心が生んだ説話といえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうぼう‐しみず〔コウボフしみづ〕【×弘法清水】

弘法大師諸国を巡ったとき、杖を突き立てた所にわき出たという井戸や泉。また、その説話。弘法水。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

弘法清水【こうぼうしみず】

杖立(つえたて)清水とも。弘法大師(空海)が水の不自由なところで水を所望し,その返礼として杖を立てて清水をわかせたという伝説。反対に大師の所望を拒絶したため水が濁り,芋が石になる伝説もある。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうぼうしみず【弘法清水】

弘法大師が、杖または独鈷とつこを突き立てた所にわき出したという井戸水や池泉。また、それにまつわる伝説。杖つき井戸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘法清水
こうぼうしみず

弘法大師(空海)が巡国のおりに、杖(つえ)を突き立てて湧出(ゆうしゅつ)させたという伝説をもつ泉や井戸。弘法水(みず)ともよばれる。水道の便のなかった時代における水の恩恵の因果を、弘法に結び付けた伝承だが、主人公がまれに最澄(さいちょう)、泰澄(たいちょう)、蓮如(れんにょ)などの場合もある。伝説の内容も種々あって、機(はた)織る女性が遠方から水を差し上げたお礼にとか、老女が水をくむのをめんどうがったために清水ではなく白水(濁り水)に変えたとか、水をくれなかった意地悪な村人と対比させた昔話「隣の爺(じじ)」型の勧善懲悪を教えるものなどがあって、『日本伝説名彙(めいい)』はこの類型を10に分類している。
 棚機つ女(たなはたつめ)が水を捧(ささ)げるという内容などは、古代の神霊を接待する聖女の伝承であり、古代儀礼の伝説が弘法に主人公をすり替えて変質してきたものと考えられよう。『常陸国風土記(ひたちのくにふどき)』の貴人接待に井戸を掘る伝説があるが、仏教的変貌(へんぼう)のなかった古い内容を反映している。弘法清水は遠くのまれ人が民に恩恵を与えにくるというダイシ信仰が、仏教の普及とともに大師に混同され、各地に広められたともされる。「弘法大師伝」や諸寺に残る掛幅(かけふく)の絵伝にも水や雨の奇瑞(きずい)は多く、古くは高野山(こうやさん)の蓮華谷聖(れんげだにひじり)や萱堂(かやどう)聖たち念仏聖である高野聖の廻国(かいこく)によって、「弘法栗(ぐり)」などの飢餓(きが)を救済する伝説とともに、全国的に広がったと思われる。[渡邊昭五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の弘法清水の言及

【泉】より

…水場は神の支配地であり,水神や井の神などと呼んでこれを祭り,新年の若水も古くからの水場から迎えるところが多い。各地に伝わる,弘法大師などの宗教者が水が不足する土地の者のためにその杖を地に突き刺して水を出してやったといういわゆる弘法清水伝説も,いかに人びとが水に苦しんでいたかを語っている。水場はまた,人びとの日常的交流の場でもあり,とくに温泉は古代から宴の場として利用されてきた。…

【大師信仰】より

…とくに修行時代は不明なので,古くから弘法大師が各地に現れて,奇跡を行ったとする伝説は多い。弘法大師が杖で地面を突くと水が湧き出すという弘法清水伝説,逆に村人がいじわるをしたため水が出なくなる水無瀬川伝説,また杖をたてるとそれが1年に3度実のなる栗の木になる三度栗伝説などがある。また旅姿の大師をばかにしたので悪いことが起こったとする型の伝説も多い。…

【杖】より

…六波羅蜜寺の空也(くうや)像にみられるように,民衆と接し各地を遊行することの多い聖(ひじり)たちは〈わさづの〉という鹿の角の杖をもち,その杖は〈かせづえ〉とも呼ばれた。宗教家の手にする杖は霊力をもち,その杖により清水が湧いたという弘法清水(こうぼうしみず)の伝説や,その杖が成長して樹となったとする伝説は各地に多い。杖が成長したという樹の種類には,杉,銀杏(いちよう),竹,桜,梅,椿,柳,檜(ひのき),松,樟(くすのき),欅(けやき),桂などがある。…

※「弘法清水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弘法清水の関連キーワード空海/弘法伝説富士筑波伝説異郷人歓待杖立清水井戸水池泉石芋独鈷

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android