コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 じょう

8件 の用語解説(杖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


じょう

大宝・養老律における五刑の一種。杖刑は『隋書』倭国伝にみえるから,大化以前から存在していたが,それが成文化されたのは大宝律以降である。律令制の杖刑は,長さ3尺5寸 (約 103cm,大宝律では3尺6寸〈約 106cm〉) ,太さ上部4分 (約 1cm強) ,尾部3分 (約 1cm弱) の杖をもって,60から 100にいたる数を囚の臀部に打つものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょう〔ヂヤウ〕【×杖】

律の五刑の一。つえで罪人を打つ刑。その数60回から100回まで10回刻みの5等級に分かれ、笞(ち)より重く、徒(ず)より軽い。杖刑。杖罪。
中世、田地の面積の単位。1杖は1段(たん)の5分の1で72歩。丈。

じょう【杖】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ジョウ(ヂャウ)(呉) [訓]つえ
つえ。「戒杖鳩杖(きゅうじょう)錫杖(しゃくじょう)
棒で打つ。「杖刑
[名のり]き・もち
[難読]虎杖(いたどり)毬杖(ぎっちょう)

つえ〔つゑ〕【×杖】

歩行の助けとして手に持つ竹や木などの棒。「をつく」
頼りとするもの。「長兄をと頼む」
古代、杖罪(じょうざい)の罪人を打つ刑具。長さ約1メートルの竹。
古代の長さの単位。後世の約1丈(約3メートル)に近い。
中世の田積の単位。1段の5分の1、すなわち72歩。じょう。
[下接語]藜(あかざ)の杖鳩(はと)の杖(づえ)息杖卯(う)杖鹿(かせ)杖粥(かゆ)杖金剛杖探り杖仕込み杖尺杖撞木(しゅもく)杖側(そば)杖面(つら)杖人杖方(ほう)杖頬(ほお)杖松葉杖弓(ゆん)杖

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

杖【つえ】

木や竹で作った歩行を助けるための棒。日本では古くから用いられ,平安時代,朝廷で長寿者に与えた鳩(はと)杖や,盲官用の鹿(かせ)杖(撞木(しゅもく)杖),山伏の金剛杖,僧の錫杖(しゃくじょう),神官の白杖,駕籠舁(かごかき)の息杖,戦国武士の鉄杖,養生によいとされた桑杖などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つえ【杖】

荷重を支え,歩行補助の目的で使用される歩行用具。登山などを含め,いろいろな場合に用いられる。まず筋力低下や脳卒中などの麻痺による歩行障害や,そうした際の歩行訓練で用いられるリハビリテーション用の杖について述べると,1本を一側に使用することも,2本を用いて両側上肢で支えることもある。杖には種々のものがあり,松葉杖ロフストランド杖カナダ杖,T杖がよく使われる。杖は効率よく,しかも安全に歩行するために正しい長さに調節して用いる必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょう【杖】

律の五刑の一。衆人環視の中で尻を打つ刑。回数は六〇回から一〇〇回まで五段階。刑具の杖は笞より径が一分太い。杖刑。杖罪。
鎌倉・室町時代の土地面積の単位。一杖は一段の五分の一で、六〇歩または七二歩。つえ。丈。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


つえ

歩行のための補助道具。普通は木や竹でつくった細長い棒で、老人をはじめ、身体障害者、旅行者、登山者、行商人などの長い歩行や重い荷物の運搬に用いられる。材料には竹、籐(とう)などの軽いものから、桑、シュロチク、アカザ、また用途によって堅木(かたぎ)、鉄なども使用される。
 杖は古くは神の依代(よりしろ)としての性格をもっていたが、やがて神の持ち物とされ、下っては権力者の権威の象徴や護身用としても利用されるようになった。しかし、杖は古代からもっぱら老人の道具として用いられてきたもので、とくに杖の頭部にハトの彫り物のある鳩杖(はとのつえ)は、奈良時代以後、70歳以上の高位者に朝廷から下賜され、これは宮中杖(じょう)の名で第二次世界大戦前まで行われていた。また鹿杖(かせづえ)は杖の頭部が二またになったもので、撞木杖(しゅもくづえ)ともよばれ、とくに盲官がこれを持つことを許された。これに対して、僧侶(そうりょ)の持った杖は錫杖(しゃくじょう)で、これは頭部を塔婆(とうば)にかたどり、数個の鐶(かなわ)をかけ、地を突くたびに鳴るので、声杖(せいじょう)ともいわれた。金剛杖(こんごうづえ)は修験者(しゅげんじゃ)の携行するもので、八角または四角の白木の杖である。また朝廷では、正月の卯(う)の日に悪鬼を払う卯杖(うづえ)を、大舎人(おおとねり)寮・諸衛府(えふ)などから、天皇、中宮、東宮に献上することが行われた。これは中国の風習を採用したもので、梅、桃、ツバキ、柳などの木を長さ五尺三寸(約160センチメートル)に切り、3本ずつ束ねて献上した。さらに正月15日の小正月(こしょうがつ)に行われた粥杖(かゆづえ)は、粥を炊くのに用いた木の燃えさしを削り、これで新嫁や子のない女の腰をたたくと、子供が生まれると信じられ、上下にわたって行われた。
 このほか、杖は、古代から笞(ち)・杖(じょう)など杖罪の者を打つ刑具としても使用され、戦国時代、武将の用いた鉄の杖あるいは六角の杖も、刑具の一種であった。息杖(いきづえ)は駕籠(かご)かきなど重荷を担ぐ者が持つ杖で、休息するとき、その担う物を支えるのに用いた。近世に入ると、桑の木の杖をつくと養生によいといわれ、桑杖(くわづえ)が流行した。杖はしだいに実用性を離れ、一種のアクセサリーとなり、元禄(げんろく)(1688~1704)のころには、細身の竹杖が余情杖(よじょうづえ)、化粧杖(けしょうづえ)などとよばれ、洒落(しゃれ)者や遊里通いの若者に愛用された。やがて明治維新になり、廃刀令が出ると、刀にかわって杖を持つ風を生じ、杖の中に刀を仕込んだ仕込杖が壮士などに盛んに用いられた。洋風のステッキstickが流行するようになったのは1887年(明治20)前後のことで、ほかに身体障害者のための松葉杖や盲人用の白い杖などもある。[宮本瑞夫]

伝説

一方、杖に関する伝承もいろいろある。弘法大師(こうぼうだいし)など高僧・英雄の立てた杖が成長して大樹になるという杖立(つえたて)伝説は、杖銀杏(いちょう)、杖梅、杖桜、杖竹、杖杉など全国にその例が多い。これは、地に杖をつくと清水(しみず)がわいたという湧水(わきみず)伝説を伴うこともある。また旅人が杖を捧(ささ)げて行旅の安全を祈るといわれる杖地蔵や、地獄の獄卒が鉄杖で罪人を呵責(かしゃく)するという伝説などさまざまある。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【刑具】より

…身体刑の刑具は,刀剣類のほか烙印(らくいん),入墨具など肉体をそこなわしめるものと,鞭や棍棒など打撃によって痛苦を与えるものとに分けられる。中国律の笞(ち),杖(じよう)は後者の例である。自由刑では手錠(手鎖(てじよう)),枷(かせ)が代表的であり,これらは戒具としても使用される。…

【刑罰】より

… 日本近代以後の刑罰を歴史的にみると,そこには,身体刑に代えて自由刑・財産刑を刑罰制度の中心とし,その自由刑をも単純化していくという一般的な刑罰史の流れに沿っている。まず,明治維新直後の1868年(明治1)に制定された仮刑律は,基本的に律令制度にならって,笞,徒(ず),流(る),死の4種類の刑罰を認め,次いで70年に制定された新律綱領も,笞,杖(じよう),徒,流,死の5刑をおいていた。が,73年に制定された改定律例は,明清律のほかにヨーロッパ法をも斟酌(しんしやく)し,従来の5刑制を廃止し,笞,杖,徒,流の4種を改め,すべて懲役とした。…

【杖罪】より

…60より100までの5等がある。杖罪に用いるむちは,常行杖といい,手もとの直径4分(約12mm),先の直径3分(約9mm)で笞罪に用いる笞杖よりも1分ずつ太い。長さは笞杖と同じく3尺5寸(約105cm)で,打ったときに受刑者の皮膚が破れて出血しないように,むちに用いる木の枝の節目を削り取ってある。…

【中国法】より

…さらに法制の背景をなす社会構造も根本から異なっているので,もし律令という名を共通にするという理由で,両者の社会を等質とみなそうとするならば,大きな過誤に陥るおそれがある。律令格式 唐律に定める刑罰に五等あり,これを五刑と称するが古代の肉刑の五等とは異なり,笞・杖・徒・流・死をいう。笞も杖も背を鞭打つ刑であるが,竹または木をもってつくり,笞は細く杖は太い。…

【カドゥケウス】より

…聖なる力を伝える者が携える呪力を持った杖(つえ)。ギリシア語のカリュクスkaryx(〈伝令〉の意)から派生した語と思われ,王権の表象である笏杖(しやくじよう)のように,所持者を守る力がある。…

※「杖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

杖の関連キーワード四つ竹ラジオブイ鏝板提携手にする根に持つ歩行器編戸ささく・れる四つ竹打ち

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杖の関連情報