コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強化プラスチック キョウカプラスチック

百科事典マイペディアの解説

強化プラスチック【きょうかプラスチック】

ガラス繊維,まれにはナイロン,ビニロン繊維などを補強材として加えて成形したプラスチック製品。繊維強化プラスチック,FRP(fiberglass reinforced plasticsの略)とも。耐衝撃性がすぐれ,高いヤング率を示す。プラスチックとしては不飽和ポリエステル樹脂エポキシ樹脂が主として用いられ,ボート,自動車ボディ,建材,ヘルメットなどに広く利用。ガラス繊維強化プラスチックGFRP),炭素繊維強化プラスチックCFRP)も広く使用されている。
→関連項目FRPエポキシ樹脂合成樹脂複合材料不飽和ポリエステル樹脂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

強化プラスチック

 補強材を使ってプラスチックを加工し強化樹脂としたもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかプラスチック【強化プラスチック reinforced plastic】

合成樹脂(プラスチック)の引張強さ弾性率はそれぞれ2~4kgf/mm2,200~300kgf/mm2であって,強度保持材料,構造材料として考えると,鉄やアルミニウムの引張強さ10~50kgf/mm2,弾性率7000~21000kgf/mm2に対してかなり小さい。そこで鉄やアルミニウムにかわりうる合成樹脂として生み出されたのが,強化プラスチックと呼ばれる,繊維状の強化材で補強された合成樹脂である。樹脂と強化材の2成分からなる代表的な複合材料で,繊維で強化されることから,FRP(fiber(glass) reinforced plasticの略)あるいは繊維強化プラスチックともいわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうかプラスチック【強化プラスチック】

ガラス繊維などの補強材に不飽和ポリエステル樹脂などを含浸させ、硬化成形したもの。機械的強度に優れ、貯蔵タンク・ボート・ヨットの船体、自動車の車体などに用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強化プラスチックの関連情報