コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻曼荼羅縁起 タイママンダラエンギ

3件 の用語解説(当麻曼荼羅縁起の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいままんだらえんぎ【当麻曼荼羅縁起】

鎌倉中期の絵巻。2巻。当麻曼荼羅の製作にまつわる説話を描いたもの。鎌倉市光明寺蔵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいままんだらえんぎ【当麻曼荼羅縁起】

奈良県当麻寺に伝わる《当麻曼荼羅》制作にまつわる説話を,上下2巻に描いた鎌倉時代の絵巻。近世になって鎌倉の光明寺に寄進され今日に至っている。内容は,天平の昔,横佩大臣(よこはぎのおとど)の姫君が仏法に帰依し,当麻寺に入って生身の阿弥陀如来を拝まんことを祈ると,阿弥陀の化身である老尼が現れる。姫君はその教えに従って蓮糸を五色に染め,観音が化身した女人の助けを得て大曼荼羅に織り上げ,この図によって親しく極楽浄土のありさまを観想し,やがて臨終の時には阿弥陀と聖衆の来迎を受けて往生をとげるまでを描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいままんだらえんぎ【当麻曼荼羅縁起】

絵巻。二巻。当麻寺に伝わる当麻曼荼羅にまつわる伝説を描いたもので、鎌倉時代の作。鎌倉市光明寺蔵。国宝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当麻曼荼羅縁起の関連キーワード陳阿当麻曼荼羅智光曼荼羅子島曼荼羅法曼荼羅曼荼羅堂当麻物国行(2)清海宅磨良賀

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone