コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻曼荼羅縁起(読み)タイママンダラエンギ

世界大百科事典 第2版の解説

たいままんだらえんぎ【当麻曼荼羅縁起】

奈良県当麻寺に伝わる《当麻曼荼羅》制作にまつわる説話を,上下2巻に描いた鎌倉時代の絵巻。近世になって鎌倉の光明寺に寄進され今日に至っている。内容は,天平の昔,横佩大臣(よこはぎのおとど)の姫君が仏法に帰依し,当麻寺に入って生身の阿弥陀如来を拝まんことを祈ると,阿弥陀化身である老尼が現れる。姫君はその教えに従って蓮糸を五色に染め,観音が化身した女人の助けを得て大曼荼羅に織り上げ,この図によって親しく極楽浄土ありさまを観想し,やがて臨終の時には阿弥陀と聖衆の来迎を受けて往生をとげるまでを描く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいままんだらえんぎ【当麻曼荼羅縁起】

絵巻。二巻。当麻寺に伝わる当麻曼荼羅にまつわる伝説を描いたもので、鎌倉時代の作。鎌倉市光明寺蔵。国宝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当麻曼荼羅縁起の関連情報