コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後七日御修法(読み)ごしちにちのみしゅほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後七日御修法
ごしちにちのみしゅほう

宮中において,毎年元日から7日までの間に行われる種々の神事の終ったあと,真言院において,8日から 14日までの7日間,天皇の安寧や国家安穏を祈る秘法を修することをいう。承和1 (834) 年,空海の奏請により行われて以来,東寺の長者がこれをつとめることとなった。明治4 (1871) 年頃,一時廃されたが,1882年,再び勅許を得,以後東寺の真言院で行われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごしちにちみしゅほう【後七日御修法】

天皇の身体安穏と国家の安泰・繁栄を祈って,毎年1月8日から7日間,宮中真言院で行われた真言宗の重要な儀式。元日から7日までの節会の後の,7日間の修法から後七日といい,真言院御修法,後七日法ともいう。834年(承和1)空海が勅命により大内裏中務省において始行し,同年空海が上奏,唐の例にならって宮中に真言院が造立された。翌年から恒例として宮中御斎会と並んで行われるようになり,東寺一の長者が導師を勤めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後七日御修法
ごしちにちのみしほ

宮中で行われた法会(ほうえ)。「ごしちにちみしゅほう」ともいう。正月8日から14日まで、玉体安穏、国利民福を祈って宮中の真言院で修せられた真言秘密の大法会。前七日の神事に続く後七日の修法(しゅほう)の意。835年(承和2)空海の奏請(そうせい)で中国唐の風習に模して設けられた。金胎(こんたい)(金剛界(こんごうかい)、胎蔵界(たいぞうかい))両部の法を隔年交互に勤修(ごんしゅう)した。室町末期に一度中止されたが、江戸初期に復興した。明治維新後は東寺(教王護国寺)に移行され、現在も真言宗十八本山が集まって東寺灌頂院(かんじょういん)で営まれる。大極殿(だいごくでん)で行われた御斎会(ごさいえ)と顕密(けんみつ)相対する。[西山蕗子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android