コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御倉町 みくらまち

3件 の用語解説(御倉町の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

御倉町【みくらまち】

平安京で倉庫の群立する一角。国主を歴任する間に蓄財した受領(ずりょう)の宅が多いが,摂関家のものが代表的。摂関家の東三条殿の東,鴨井殿の北部にあり東倉町・北倉町と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みくらまち【御倉町】

平安京において倉の群立する町(区画)をいい,巨富の象徴とされた。《宇津保物語》に受領を歴任して蓄財した三春高基について,〈住み給ふ所は七条,大路のほどに,二町の所,四面に倉立てならべたり〉とあるようなものをいう。同様の受領であった近江守源行任(ゆきとう)の宅(富小路南,土御門北)は〈世に御倉町と号〉された(《小右記》)といい,同じく近江守隆時の場合は〈江州五倉〉(《中右記》)と称されており,いずれも焼亡の記事に登場する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御倉町
みくらまち

単に倉町(くらまち)とも称する。摂関期や院政期にとくにみられ、受領(ずりょう)や摂関家、院などの財物を収納した倉庫の立地する地をいう。平安京内はもちろん鳥羽(とば)、白河などにもあり、白河法皇はこれら各所に「御倉二百余所」をもっていたという(『中右記(ちゅうゆうき)』)。また単なる倉庫群にとどまらず、工房の役割をも果たしており、当時の京都における富の集積のさまをよく示す。[井上満郎]
『村井康彦著『古代国家解体過程の研究』(1965・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御倉町の関連キーワード主語大内裏平安京坊門区画条坊群立ち群立つ一貫性の原則レイリーの群速度の式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御倉町の関連情報