コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預状 あずけじょう

2件 の用語解説(預状の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

預状【あずけじょう】

中世の武家社会において,所領や半済(はんぜい)分などを家臣や代官など特定の人物に委託する(預ける)場合に発給される文書。名称は,文中に〈預置〉などの文言があることによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あずけじょう【預状】

中世武家社会において,所領の持主が,その管理を代官や家臣などに託するときに作成される文書。充行(あておこない)が永久的な所領の給付であるのに対し,一時的な給付に用いられる。室町時代,将軍が料所を家臣に預けるときには御判御教書(ごはんのみぎようしよ),あるいは御内書にて,また守護大名戦国大名よりは書下,判物にて発せられる。いずれも文中に〈預置〉〈被預置(あずけおかる)〉の文言が用いられる。つぎに掲げるのは室町時代初期の有力武士である細川頼之が備後国小国郷の領家職の半分を日和佐新左衛門尉に預け置いた文書で,その現地における沙汰を山内刑部三郎(通継)に命じたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

預状の関連キーワード安堵安堵状原始社会社会構造社会組織所領領主権置文持主藤直幹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone