御寮人・御料人(読み)ごりょうにん

精選版 日本国語大辞典「御寮人・御料人」の解説

ごりょう‐にん ゴレウ‥【御寮人・御料人】

〘名〙
① 貴人の息女を敬っていう語。人名または、人を表わす語について接尾語的にも用いる。御寮。
謡曲初雪(1520頃)「神主殿のご寮人は見目形人に勝れ、優しきおん心ばへ並びなきおん方にて
② 近世以降、中流町家の娘、またはその年若い妻をいう。
※延宝八年合類節用集(1680)三「御料人 ゴレウニン 小女」
※浮世草子・好色一代男(1682)一「は御りゃうにん様の不断着
[語誌](1)室町時代には、貴人の息女のであったが、江戸時代に入って、大名などの息女を姫君というのに対して、諸侍の娘をいった。後に、広く町家にもいうようになったが、若妻をさすようになったのは天保以後といわれる。主として上方で用いられた。
(2)鎌倉時代以後、貴人や貴人の子の意に用いられた「御寮」に対して、「御寮人」は室町時代以後、貴人の娘や妻の意に用いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android