御料林(読み)ごりょうりん

精選版 日本国語大辞典「御料林」の解説

ごりょう‐りん ゴレウ‥【御料林】

〘名〙 皇室御料の山林。明治二一~二三年(一八八八‐九〇長野県の木曾官林をはじめ、岐阜山梨、静岡、神奈川県その他の美林地帯一四二万八〇〇〇町歩が農商務省から宮内省へ移管され、二三年更に北海道の官林二〇〇万町歩が追加されたが、その後地積の移動修正が行なわれたため、昭和一二年(一九三七)には一四一万三〇〇〇町歩(うち世伝御料二一万町歩)となった。経営には宮内省の御料局(後に帝室林野局)があたり、盛時には年間四〇〇万石内外の用材と、一五〇万石の燃材生産を行なった。第二次世界大戦後皇室財産の解体とともに国有林に編入された。
※風俗画報‐一七四号(1898)漫録「今御料局の管轄になっても、日本御料林(ゴレウリン)の中では先づ上等の部分に属して居るのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「御料林」の解説

御料林
ごりょうりん

大日本帝国憲法下で皇室財産に編入された森林をいう。1885年(明治18)宮内省に御料局(のち帝室林野局)を設置し、優良官林を御料地に編入して、皇室財産の基礎をつくり、国家財政と皇室財政の分離を図ることになった。以後、御料林は拡大の一途をたどり、90年には198万ヘクタール余に達したが、1900年(明治33)から民間への下げ戻しなどの整理処分が行われ、140万ヘクタール余となった。御料林の林業収入とその運用による利殖は、年とともに増大し、皇室の主要な財源となった。戦後、御料林はすべて国有財産に移管され消滅した。

村上重良

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「御料林」の解説

御料林【ごりょうりん】

明治憲法下で皇室財産であった森林。1889年木曾官林など各地の国有林から約140万haを移管したのが初めで,1890年には,50余ヵ所,約350万haに達し,その収益は膨大で皇室費用の大半を支弁していた。第2次大戦後,皇室財産解体によりすべて国有林に移管された。移管時には約132万haを有していた。
→関連項目官民有地区分事業皇室領

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「御料林」の解説

ごりょうりん【御料林】

皇室所有の森林。皇室の財産として1889‐90年に官林,官有山林原野を編入して創設された。いったん御料林になった森林でも,例えば〈山梨県恩賜県有林〉(約16万ha)のように払い下げられたものもあった。ヒノキの美林の広がる木曾山をはじめ北海道,青森岩手福島群馬栃木,東京,神奈川,千葉,山梨,長野,静岡,愛知,岐阜,三重の15都道県に散在していた。御料林は皇室の費用をまかなうほか,伊勢神宮の造営材も供給した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の御料林の言及

【官有地】より

…その結果,大量の村持ちの山林原野などが官有地に編入されるにいたった。この官有林野は,このあと,89年2月制定の皇室典範にもとづき90年11月までにかけて,約360万町歩(360万ha)が御料林となり,皇室財産の重要部分を構成した。この官民有区分の強行的実施は,入会権をめぐるさまざまな紛議をのちにまで残すことになった。…

【皇室財産】より

…しかし莫大な皇室財産も終戦時までなんら変りなく保有されつづけたわけでない。工場払下げ概則にもとづく佐渡・生野鉱山の三菱合資会社への払下げ(1896),御料林136万町歩の北海道庁への無償下付(1895),明治末~大正年間にかけての農地,市街地の払下げ・売却など皇室財産も幾多の消長をたどった。第2次大戦前の皇室経済は,全体としてみれば国庫支出による皇室費と御資部の保有する有価証券の配当利子収入および御料局管轄下の御料林からの林野収入の三つに支えられていたといってよい(なお,御料局は1908年帝室林野管理局,24年帝室林野局と改組された)。…

※「御料林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android