コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志和稲荷神社 シワイナリジンジャ

3件 の用語解説(志和稲荷神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しわいなり‐じんじゃ【志和稲荷神社】

岩手県紫波郡紫波町にある神社。祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。天喜5年(1057)源義家の創建と伝える。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

志和稲荷神社

岩手県紫波郡紫波町にある神社。1057年創祀。祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのおおかみ)、猿田彦神(さるたひこのおおかみ)、大宮能売神(おおみやのめのおおかみ)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志和稲荷神社
しわいなりじんじゃ

岩手県紫波(しわ)郡紫波町升沢(ますざわ)に鎮座。宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)を主祭神とし、猿田彦命(さるたひこのみこと)と大宮能売命(おおみやのめのみこと)を配祀(はいし)する。1057年(天喜5)安倍(あべ)氏征討にあたった源義家(よしいえ)の勧請(かんじょう)と伝える。中世、志和城に拠(よ)った斯波(しば)氏の厚い崇敬を受ける。近世、南部領となるに及びその祈願所として栄え、盛岡からの大稲荷(おおいなり)街道が開かれた。旧県社。例祭は5月5日(1982年以前は旧暦9月19日)。また、旧暦2月午(うま)の日の三午祭(さんうままつり)がある。12年一度の午年の初午には白馬参進(はくばさんしん)の神事が執り行われる。[高橋美由紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志和稲荷神社の関連キーワード浅間神社吉備津神社白鬚神社住吉神社今宮神社松陰神社名和神社黄金山神社都都古別神社

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone