コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志雄[町] しお

百科事典マイペディアの解説

志雄[町]【しお】

石川県中部,羽咋(はくい)郡の旧町。中心集落子浦(しお)は七尾街道の旧宿駅。邑知(おうち)潟低地帯の南部に当たり,水田が多い。繊維,製薬などの工業,砂丘でのブドウ・タバコ栽培が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しお【志雄[町]】

石川県羽咋(はくい)郡の町。人口7666(1995)。能登半島の基部に位置し,西部の邑知潟(おうちがた)平野,砂丘海岸と東部の宝達丘陵からなり,富山県に隣接する。中心集落の子浦(しお)は子浦川の谷口集落で,七尾街道の宿場町として形成された。基幹産業は農業で,沖積低地では米作,砂丘ではブドウ栽培が盛ん。繊維を中心とした工業も行われる。荻谷には藩政時代十郡奉行の下で村役を勤めた岡部家住宅が,散田(さんでん)には家形石棺を出土した金谷古墳がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の志雄[町]の言及

【菅原荘】より

…能登国羽咋(はくい)郡(現,石川県羽咋郡志雄町)にあった荘園。もとは菅原保と称し国衙領であった。…

※「志雄[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

志雄[町]の関連キーワード低地帯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android