コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘筌 ぼうせん

2件 の用語解説(忘筌の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

忘筌【ぼうせん】

孤篷庵(こほうあん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忘筌
ぼうせん

京都・大徳寺塔頭(たっちゅう)孤篷庵(こほうあん)の客殿(本堂)に造り込まれた座敷。小堀遠州最晩年の作品として貴重であったが、1793年(寛政5)孤篷庵は焼失した。しかしまもなく松平不昧(ふまい)や近衛(このえ)家の援助を得て再興が図られ、とくに忘筌は、軒内の飛び石や灯籠(とうろう)、手水鉢(ちょうずばち)が焼け残ったこともあって、遠州による創建当初の姿に忠実に復原された。新しい客殿は塔頭雲林院から移築され、97年6月に上棟、忘筌は檀那(だんな)間(客殿西側前室)の北側に建て継がれた。全体十二畳敷で、八畳に一間床(どこ)と点前座(てまえざ)一畳を付し、さらに三畳を添えている。点前座を中央部に配し、床と点前座を並べた構えは、遠州の得意とした形式である。角柱に内法長押(うちのりなげし)を打ち、張付壁、高欄(こうらん)付の広縁と落縁(おちえん)を備えた構成は、完全な書院造の様式を示している。しかし縁先には「露地草庵」の機能が巧みに組み込まれている。すなわち、縁先に中敷居を入れ、上に明(あかり)障子を建て下方を吹き抜いた構成によって、低く据えられた縁先の手水鉢や灯籠などが形づくる内露地の風景だけを切り取り、室内と結び付けられている。また犬走りの飛び石は縁先の沓脱(くつぬぎ)石に達するが、入口の鴨居(かもい)に相当する中敷居は低いので、自然に潜(くぐ)りを形成することになる。床(とこ)にも室内と一線に長押を打ち回して上昇感を抑え、きゃしゃな砂摺(すなずり)天井を重厚な軸部と調和させている。遠州はここにおいて、書院様式による茶室のくふうを完成させた。[中村昌生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の忘筌の言及

【大徳寺】より

…伽藍の西に所在する高桐(こうとう)院には《山水図》(南宋時代,国宝),竜光院には燿変天目茶碗(南宋時代,国宝),小堀遠州の設計になる四畳半台目茶室密庵(みつたん)(密庵席)をもった書院(江戸初期,国宝),孤篷(こほう)庵には古来より大名物として知られる井戸茶碗(銘喜左衛門。李朝時代,国宝),茶室忘筌(ぼうせん)(忘筌席。重要文化財)などがあり,いずれも禅宗美術や茶道美術の宝庫となっている。…

※「忘筌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone