コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連歌新式 れんがしんしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連歌新式
れんがしんしき

南北朝時代の連歌式目。『応安新式』ともいう。二条良基編。文中1=応安5 (1372) 年成立。それまで各集団ごとに行われていたさまざまな式目の修正統一をはかったもので,「建治の新式」をもとに,救済 (ぐさい) らの協力によって成った。連歌の文芸としての確立に重要な意味をもつ。百韻を制作する場合の規則を細かく規定したもので,素材の種類や数の制限,素材の位置や連続関係に関する制限,繰返しを避けることへの注意,音声上の効果や本歌取りのことなどを記す。成立後,良基自身による追加がなされ,さらに一条兼良 (かねら) の『新式今案』 (1452) の追加や,肖柏の改訂 (1501) を経て,長く連歌の法則として用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れんがしんしき【連歌新式】

室町時代の連歌式目。1巻。《応安新式》に,1452年(享徳1)に一条兼良宗砌(そうぜい)の意見を徴して成った《新式今案》を加え,さらに1501年(文亀1)に肖柏が改訂をほどこしたもので,正式には《連歌新式追加並新式今案等》と称し,以後長く連歌の規範とされた。ただし実際には,室町末期ころから式目はより細かく煩雑なものとなっていった。なお,一般に《応安新式》のみを《連歌新式》とも称する。【赤瀬 信吾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

れんがしんしき【連歌新式】

連歌で、新しく定められた式目。特に「応安おうあん新式」をさすことが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連歌新式
れんがしんしき

連歌をつくる際の諸種のルールをまとめたものの一つ。本来「連歌本式」の存在を前提としてつけられた名称であるが、どのような内容のものをさすかは歴史的に複雑で、とくに鎌倉時代から南北朝時代にかけては明確ではない。しかし、1372年(文中1・応安5)二条良基(よしもと)と救済(きゅうせい)が制定した「応安(おうあん)新式」以後は、だいたいそれか、それの改訂されたものをさすようになる。その大きい改訂は、1452年(享徳1)の一条兼良(かねら)、1501年(文亀1)の肖柏(しょうはく)などによるものがあるが、「応安新式」の大綱は変わっていない。近世の俳諧(はいかい)の式目(しきもく)にも大きい影響を与えている。[奥田 勲]
『山田孝雄・星加宗一編『連歌法式綱要』(1936・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の連歌新式の言及

【応安新式】より

…1巻。一般に《連歌新式》ともいう。1372年(応安5),二条良基救済(ぐさい)の協力を得て,それ以前の《連歌本式》や,また特に《建治新式》(現存せず)に基づいて制定したという。…

※「連歌新式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone