コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠清北道 チュウセイホクドウ

百科事典マイペディアの解説

忠清北道【ちゅうせいほくどう】

韓国中央部内陸の道。3市8郡,道都は清州大部分が丘陵性の山地で,北東部に漢江が盆地をつくり,南西部には錦江と美湖川が清州平野をつくる。水田より畑が多く,米,麦,大豆,タバコ,綿花などの産がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうせいほくどう【忠清北道】

チュンチョンブクト【忠清北道】

韓国の中央部、内陸にある道。道庁所在地は清州チヨンジユ。ちゅうせいほくどう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忠清北〔道〕
ちゅうせいほく

チュンチョンプク(忠清北)道」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忠清北道
ちゅうせいほくどう / チュンチョンブクド

韓国(大韓民国)の内陸に位置する道。面積7431.69平方キロメートル、人口146万2621(2000)。現在の行政区域は3市(清州(せいしゅう)、忠州、堤川(ていせん))、8郡から構成されている。道庁所在地は清州市。本道は中央の南漢江と美湖川との分水嶺(ぶんすいれい)になっている山地(標高300~500メートル)によって、東部地区と西部地区とに区分できる。東部地区の中央を流れる南漢江は流域に忠州盆地、堤川盆地を形成している。西部地区には北の車嶺(しゃれい)山脈と南東の小白山脈の間に錦江(きんこう)とその支流である美湖川が流れ、流域には清州、陰城、鎮川、清原、報恩、沃川(よくせん)、永同などの侵食盆地がある。年平均気温は10~12℃、1月平均気温は零下4~6℃、8月平均気温は29℃である。年降水量は1100ミリメートル。
 農家の戸数は9万1715戸(1999)、耕地面積は13万4587ヘクタール(2000)である。米は全国生産量の約5.5%を占める。そのおもな産地は美湖平野、鎮川平野、会平平野、忠州平野である。堤原と丹陽のトウモロコシ、沃川と永同のソバ、清原と堤原の豆、清原と中原のアズキなどがおもな雑穀である。水力発電は大清ダムで9万キロワット、忠州ダムで6万キロワット規模、槐山(かいさん)ダムで2600キロワットの発電能力がある。地下資源には金、鉄、タングステン、滑石(かっせき)、蛍石(ほたるいし)などが産出されるが、その量は少ない。おもな工業には、清州の繊維、電子、食品、忠州の肥料、滑石、セメント、丹陽と堤川の大規模セメント工場などがある。観光地としては俗離(ぞくり)山国立公園、丹陽八景、華陽洞九曲、水安堡(すいあんほ)温泉などがある。俗離山国立公園はソウルから230キロメートル、清州と大田(たいでん)からは65キロメートルの地点に位置する。俗離山には有名な法住寺があり、そこには国宝第55号の捌相(はっそう)殿、第5号の双獅子(そうじし)石灯などがある。[張 保 雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の忠清北道の言及

【忠清道】より

…朝鮮半島中西部の地方で,朝鮮八道の一つ。韓国に属し,行政上は南北道と大田広域市に分かれ,人口は忠清北道(道庁所在地,清州)144万2191,忠清南道(道庁所在地,大田)185万5346,大田市126万8432(いずれも1995)。
[自然]
 地形的にきわめて対照的な東西二つの地域に分かたれる。…

※「忠清北道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

忠清北道の関連キーワードチョ・ピョガム(趙碧岩)チョン・ジヨン(鄭芝溶)パン・ギムン(潘基文)チュンチョンプクドクォン ミンジュンキム ヨンヒョンソン ジョングク佐々木 志賀二キム ハヌルチュンチョン中原高句麗碑法住寺捌相殿オム テウン真興王拓境碑李 在禎車嶺山脈朴 喆煕鄭 求宗宋 津宇新羅帳籍

忠清北道の関連情報