コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠清北道 ちゅうせいほく

7件 の用語解説(忠清北道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忠清北道
ちゅうせいほく

「チュンチョンプク (忠清北) 〔道〕」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうせい‐ほくどう〔‐ホクダウ〕【忠清北道】

チュンチョンブクド

チュンチョン‐ブクド【忠清北道】

大韓民国中部、内陸にある道(どう)。道庁所在地は清州(チョンジュ)。鉱工業が発達。ちゅうせいほくどう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

忠清北道【ちゅうせいほくどう】

韓国中央部内陸の道。3市8郡,道都は清州。大部分が丘陵性の山地で,北東部に漢江が盆地をつくり,南西部には錦江と美湖川が清州平野をつくる。水田より畑が多く,米,麦,大豆,タバコ,綿花などの産がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちゅうせいほくどう【忠清北道】

チュンチョンブクト【忠清北道】

韓国の中央部、内陸にある道。道庁所在地は清州チヨンジユ。ちゅうせいほくどう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忠清北道
ちゅうせいほくどう / チュンチョンブクド

韓国(大韓民国)の内陸に位置する道。面積7431.69平方キロメートル、人口146万2621(2000)。現在の行政区域は3市(清州(せいしゅう)、忠州、堤川(ていせん))、8郡から構成されている。道庁所在地は清州市。本道は中央の南漢江と美湖川との分水嶺(ぶんすいれい)になっている山地(標高300~500メートル)によって、東部地区と西部地区とに区分できる。東部地区の中央を流れる南漢江は流域に忠州盆地、堤川盆地を形成している。西部地区には北の車嶺(しゃれい)山脈と南東の小白山脈の間に錦江(きんこう)とその支流である美湖川が流れ、流域には清州、陰城、鎮川、清原、報恩、沃川(よくせん)、永同などの侵食盆地がある。年平均気温は10~12℃、1月平均気温は零下4~6℃、8月平均気温は29℃である。年降水量は1100ミリメートル。
 農家の戸数は9万1715戸(1999)、耕地面積は13万4587ヘクタール(2000)である。米は全国生産量の約5.5%を占める。そのおもな産地は美湖平野、鎮川平野、会平平野、忠州平野である。堤原と丹陽のトウモロコシ、沃川と永同のソバ、清原と堤原の豆、清原と中原のアズキなどがおもな雑穀である。水力発電は大清ダムで9万キロワット、忠州ダムで6万キロワット規模、槐山(かいさん)ダムで2600キロワットの発電能力がある。地下資源には金、鉄、タングステン、滑石(かっせき)、蛍石(ほたるいし)などが産出されるが、その量は少ない。おもな工業には、清州の繊維、電子、食品、忠州の肥料、滑石、セメント、丹陽と堤川の大規模セメント工場などがある。観光地としては俗離(ぞくり)山国立公園、丹陽八景、華陽洞九曲、水安堡(すいあんほ)温泉などがある。俗離山国立公園はソウルから230キロメートル、清州と大田(たいでん)からは65キロメートルの地点に位置する。俗離山には有名な法住寺があり、そこには国宝第55号の捌相(はっそう)殿、第5号の双獅子(そうじし)石灯などがある。[張 保 雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の忠清北道の言及

【忠清道】より

…朝鮮半島中西部の地方で,朝鮮八道の一つ。韓国に属し,行政上は南北道と大田広域市に分かれ,人口は忠清北道(道庁所在地,清州)144万2191,忠清南道(道庁所在地,大田)185万5346,大田市126万8432(いずれも1995)。
[自然]
 地形的にきわめて対照的な東西二つの地域に分かたれる。…

※「忠清北道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

忠清北道の関連キーワード咸鏡南道咸鏡北道慶尚南道黄海北道全羅南道全羅北道忠清南道平安南道平安北道四国中央

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忠清北道の関連情報