コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コツ

デジタル大辞泉の解説

こつ【×忽】

[名]数の単位。1の10万分の1。→位(くらい)[表]
[ト・タル][文] [形動タリ]にわかであるさま。突然。「として消え去る」

こつ【忽】[漢字項目]

人名用漢字] [音]コツ(漢) [訓]たちまち ゆるがせ
たちまち。「忽焉(こつえん)忽然
おろそか。「忽略軽忽粗忽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いるかせ【忽】

( 形動ナリ )
ゆるがせ 」に同じ。 「此禅門世ざかりのほどは、いささか-にも申す者なし/平家 1

こつ【忽】

数の単位。糸の10分の1。すなわち1の10万分の1。 〔塵劫記〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忽の関連キーワード取り掛かる・取り掛るトゥトゥカ(土土哈)忽必烈・忽比烈小野寺丹元湧出・涌出世祖(元)忽・惚・骨跡を暗ます純熟・淳熟大心義統フビライ四角八方べけむホップ忽必烈十七屋東京城塵劫記女大学活活

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忽の関連情報