コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脅迫罪 きょうはくざい threat; Bedrohung

6件 の用語解説(脅迫罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脅迫罪
きょうはくざい
threat; Bedrohung

本人またはその親族の生命,身体,自由,名誉,財産に対する加害の告知をもって脅迫する罪 (刑法 222) 。脅迫は一般に人を恐怖させるに足るものでなければならず,また行為者が左右することのできない吉凶禍福を説くのは,これにあたらない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうはく‐ざい〔ケフハク‐〕【脅迫罪】

本人または親族の生命・身体・自由・名誉・財産に害を加えると脅す罪。刑法第222条が禁じ、2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる。
[補説]脅しの目的が金品を得ることである場合は恐喝未遂罪に、実際に金品を得た場合は恐喝罪にあたる。脅迫罪は被害者が脅しを認識すれば成立するので、未遂罪はない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脅迫罪【きょうはくざい】

本人またはその親族の生命・身体・自由・名誉・財産に対し害を加えることを告知して人を脅迫する罪(刑法222条)。刑は2年以下の懲役または30万円以下の罰金。同様の手段によって人に義務のないことを行わせ,あるいは人の権利行使を妨害するときは強要罪となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょうはくざい【脅迫罪】

人またはその親族の生命,身体,自由,名誉または財産に対して害を加えるべきことを告知して人を脅迫する罪(刑法222条)。刑は2年以下の懲役または30万円以下の罰金。脅迫とは,一般に人を恐怖させるような害悪が自己の意思によって加えられるべきことを告知することをいい,相手方が現実に恐怖感をいだくことまでは必ずしも必要でないと解されている。告知する害悪の内容は条文に列挙されたものに限られる。判例では,いわゆる〈村八分〉が名誉に対する害悪の告知として脅迫罪になるとされているが,異論もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうはくざい【脅迫罪】

本人またはその親族の生命・身体・自由・名誉または財産に対し、害を加えることを告知することによって成立する罪。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脅迫罪
きょうはくざい

相手方またはその親族の生命・身体・自由・名誉・財産に対し、害を加える旨を告知して人を脅迫する罪(刑法222条)。個人の自由、とくに意思決定の自由に対する罪の一種。したがって、脅迫が財物奪取、姦淫(かんいん)など他の犯罪的目的の手段として用いられる場合には、強盗罪(刑法236条)、恐喝罪(同法249条)、強姦罪(同法177条)、強要罪(同法223条)など本罪以外の罪が成立する。
 脅迫罪における「脅迫」は、前述のように告知される害悪の種類が特定されているから、たとえば、暴力団が相手にすごんでみせるだけでは、本罪の脅迫にはあたらない(前述の加害の告知にあたれば別)。名誉を害する脅迫罪として、いわゆる村ハチブ、すなわち結束して特定人を共同生活から排除する旨を通告する行為がこれにあたる。この事例とも関連して、害悪はその告知者自らが加えるのではなく、第三者に加えさせる旨の告知でもよいが、少なくとも相手方に加害の可能性を信じさせるに足る場合でなければならない(これに至らない場合は、本罪の脅迫ではなく、単なる「警告」にすぎない)。害悪を告知する方法は、言語・文書のいずれでもよいが、本罪の脅迫にあたるためには、その内容・方法その他具体的事情のもとで、一般人に恐怖心を生じさせるに足る程度のものでなければならない。
 なお、脅迫罪におけると同様の脅迫を手段として、他人に義務のないことを行わせたり、権利の行為を妨害した場合には、強要罪(刑法223条1項、2項)として、脅迫罪より重い3年以下の懲役に処せられる。また、強要罪の手段として脅迫を行ったが、その目的を遂げなかった場合には、強要未遂罪により処罰される(同条3項)。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脅迫罪の関連キーワード親族杯の儀強要罪婚資親族法五親等四親等扶養義務親族会親族拝脅迫と強迫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脅迫罪の関連情報