コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛発山/有乳山/荒血山 アラチヤマ

3件 の用語解説(愛発山/有乳山/荒血山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あらち‐やま【愛発山/有乳山/荒血山】

福井県敦賀市の南部の山塊。奈良時代愛発関(あらちのせき)があった。[歌枕]
「八田の野の浅茅色づく―峰の沫雪寒く降るらし」〈・二三三一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あらちやま【愛発山】

歌枕。福井県敦賀市南部の山。有乳山とも記す。《万葉集》巻十に〈詠黄葉〉として〈八田の野の浅茅色づく有乳山峯の沫雪寒く降るらし〉がある。以降,詠歌は多い。主にもみじ,雪が題材となる。北陸道の入口で,愛発関(あらちのせき)が置かれたので,軍記物にたびたび描かれた。《義経記》の巻七には〈愛発山の事〉があり,義経主従が奥羽への途中に通ったことを記し,名義について,加賀白山の女神がこの山で出産し,あら血がこぼれたので〈あらち山〉というとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛発山
あらちやま

福井・滋賀県境付近にあったとされる山。有乳山、荒血山、荒乳山とも書く。山中を七里半越(西近江(にしおうみ)路)が通っていた。畿内(きない)から湖北の愛発山を越えると、全国屈指の多雪地帯となるので、中央の都人にとっては非常に重苦しく感じられたのであろう。そのため、この山での感慨をおりに触れて詠んだ歌が『万葉集』巻10に「八田(やた)の野の浅茅(あさじ)色付(づ)く愛発山峰(みね)の沫雪(あわゆき)寒く降るらし」と残されている。また『義経(ぎけい)記』『太平記』にもしばしば登場する。福井県敦賀(つるが)市南部の旧愛発村と、滋賀県高島市マキノ町小荒路(こあらじ)との間の山塊と考えられる。[印牧邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone