コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿投山 さなげやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猿投山
さなげやま

愛知県北西部,美濃三河高原西端にある山。標高 629m。東側は断層崖急斜面,西側はゆるやかに傾斜する傾動地塊。全山ほぼ花崗岩からなり,風化が進み,花崗岩の中に国の天然記念物猿投山の球状花崗岩」が貫入している。風化土は「さば」と呼ばれ,長石の含有が多く西麓瀬戸市の陶業の原料となっている。南山麓豊田市北西部の三河三ノ宮の猿投神社は,多くの文化財を所蔵する。愛知高原国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さなげやま【猿投山】

愛知県豊田市の北端,瀬戸市との境界にある標高629mの山で,愛知高原国定公園の中心をなす。北東から南西方向に断層線が走り,山腹には天然記念物の球状花コウ岩(菊石)がみられる。また花コウ岩の風化した〈サバ土〉は陶土の原料として利用される。山麓には三河三宮で武神,農業神として尊崇される猿投神社,古墳時代後期以降の須恵器生産が行われた猿投山古窯址群(猿投窯)がある。山頂を経由して東海自然歩道が通る。【溝口 常俊】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さなげやま【猿投山】

愛知県北部、瀬戸市と豊田市の境にある山。海抜629メートル。古代・中世の窯址ようし群がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕猿投山(さなげやま)


愛知県北部、瀬戸(せと)・豊田(とよた)両市の境に位置する山。標高629m。愛知高原国定公園に属す。全山花崗(かこう)岩からなり、南側山腹から産する球状花崗岩は天然記念物。山麓(さんろく)から出土する粘土は良質な陶器原料となる。濃尾(のうび)平野の展望がよい。南麓を猿投グリーンロードが走る。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿投山
さなげやま

愛知県北部、瀬戸市と豊田(とよた)市の境にある山。標高629メートル。地質は花崗(かこう)岩を母岩とし、国指定天然記念物の球状花崗岩(菊石)が貫入され、山頂の天然ツガ林は貴重な植物学上の資源。南西麓(ろく)一帯の風化土(サバ土)は良質な陶土で、古代・中世の猿投山古窯址(し)群では1000基を超える窯跡が発見された。三河(みかわ)三社の一つ式内社猿投神社本社は麓(ふもと)に、山頂には分社東宮、西宮を祀(まつ)り、大碓命(おおうすのみこと)の墓所もある。陶器産地として県内では、最古に開発が勧められた地区といわれる。愛知高原国定公園に含まれる。登山道は瀬戸市側は雲興寺からのルート、豊田市側は猿投神社からのルートなどがある。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の猿投山の言及

【猿投神社】より

…祭神は現在大碓(おおうす)命を主神として,垂仁・景行天皇を配祀するが,このようになったのは室町末期ないし近世初頭のことと思われ,六国史には〈狭投(さなげ)神〉とある。尾張と三河両国にまたがる猿投山に対する信仰よりはじまった神社と考えられ,その南麓に本社が,山上の東西に東宮・西宮が鎮座する。このため中世以来,三所大権現,三所大明神とも呼ばれた。…

※「猿投山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猿投山の関連キーワード愛知県豊田市加納町愛知県豊田市猿投町猿投山古窯跡群愛知県豊田市河村 熹太郎舞木廃寺塔跡猿投窯址群本多 静雄日進(市)豊田(市)楢崎彰一猿投焼濃尾古代藤岡中世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猿投山の関連情報