コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛野[町] あいの

百科事典マイペディアの解説

愛野[町]【あいの】

長崎県南東部,南高来(みなみたかき)郡の旧町。島原半島の基部,千々石(ちぢわ)断層崖北部の扇状地を占め,有明海と千々石湾(橘湾)を分ける。米,ジャガイモを産し,イチゴ,メロンなどの栽培も行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいの【愛野[町]】

長崎県南東部,南高来郡の町。人口4701(1995)。島原半島の付け根の地峡部にあり,北は有明海,南は橘湾に臨む。千々石(ちぢわ)断層崖の北部に広がる扇状地を占め,千鳥川などが北西流して谷を刻んでいる。北西部の低地は江戸時代の干拓地である。島原半島への交通の要衝であり,島原鉄道,国道57号,251号線が走る。主産業は農業で,低地部は水田,台地上は畑地となっている。1950年に県総合農林試験場愛野馬鈴薯支場が設置され,タチバナ,ウンゼンなどの暖地向きジャガイモの新品種が生まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

愛野[町]の関連キーワード雲仙岳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android