猿も木から落ちる(読み)サルモキカラオチル

  • さる
  • も 木(き)から落(お)ちる
  • 猿(さる)も木(き)から落(お)ちる

精選版 日本国語大辞典の解説

その道にすぐれている人でも、時には失敗をすることがあるというたとえ。弘法(こうぼう)にも筆のあやまり。上手(じょうず)の手から水が漏れる。
※俳諧・鷹筑波(1638)三「猿(サル)も木から落(オツ)るたとへの木葉かな〈定之〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

木登りのじょうずな猿でも木から落ちることがある。名人や達人でも時には失敗するたとえ。まして凡人なら、少々の失敗はしかたがないことになる。

[使用例] 老弁護士の無念さがよく理解できた。〈略〉信頼関係にあった依頼人に丸め込まれていたのである。
 「猿も木から落ちると言うじゃありませんか? 苦になさらないほうがいいですわ」
 彼女は、爺さんを慰めた。
 「猿だと? お前さん、減らず口を叩くな」[和久峻三*騙すつもりじゃなかったのに|1985]

[使用例] 「ごめんなさいね」とマリ子は、ぼくの体にもたれるようにして呟いた。「なにが?」「馬に乗せたりして……」「なあに。平気さ。猿も木から落ちる」[遠藤周作*わたしが・棄てた・女|1964]

[解説] 子どももよく知っていることわざで、小学校低学年でこの表現に出会って、ことわざに興味を持つことが多いようです。この時期には、ことわざが文字どおりの意味だけではなく、比喩として使われることがわかり、ことわざのユーモアも感じられるせいでしょう。サルは、ユーモアや笑い(ことわざの重要な要素の一つです)につながる一種のキャラクターで、子どもに人気があり、「猿の尻笑い」や「見ざる聞かざる言わざる」にも登場します。
 なお、このことわざには、多くの類句がありますが、いつでもどれを使ってもよいわけではなく、相手との関係やその場の雰囲気など、状況に応じて使い分けるセンスが必要になります。

[類句] 弘法にも筆の誤り河童の川流れ上手の手から水が漏れる

〔朝鮮〕원숭이도 나무에서 떨어진다(猿も木から落ちる)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android