コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公売 コウバイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公売

国税当局が国税の滞納を理由に差し押さえた動産不動産入札や競りにかけ、売却する制度。滞納分の穴埋めに充てられる。大阪国税局での動産の公売は年3、4回ほど実施されている。公売の参加者は当局が示した見積額(最低落札価格)以上で入札。最も高く入札した人に売られる。

(2012-03-14 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうばい【公売】

広義では,公の機関が,法律の規定に基づき,強制的に,かつ買受けの機会を一般に公開して行う売買をいう。民事上の強制執行手続としてなされる債務者の財産の競売などがこれにあたる。 狭義では,租税滞納処分の一手続として,滞納者の差押財産を換価するために用いられる手段(国税徴収法94~108条で定める公売)をさす。公売は,公正さを担保するため,一般競争による入札またはせり売りの方法で行われる(94条2項)。公売に際して税務署長は,一定の期間内(公売の日の少なくとも10日前まで)に公売公告を行い,関係者に公売の通知等をした後,公売財産の見積価額(最低入札価額)を決定,公告しなければならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうばい【公売】

( 名 ) スル
公の機関が強制権限に基づいて行う売買。租税滞納処分の一部として行われる財産換価処分や民事執行法上の競売など。
公然と売ること。 「牙商は大声に賭券を-する/八十日間世界一周 忠之助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

公売の関連キーワードインターネット公売競売(けいばい)行政事件訴訟法国税滞納処分コープランド水難救護法カード納税我楽多文庫福島事件公売処分農民運動守秘義務行政行為譲渡所得公益質屋三面川硯友社税金

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公売の関連情報