コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸井 とい

2件 の用語解説(戸井の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸井
とい

北海道南西部,函館市南部の旧町域。亀田半島の南端にある。 1968年町制。 2004年函館市に編入。地名はアイヌ語のチイトイベツ (食う土のあるところの意) に由来。津軽海峡に面し,イカ釣りコンブ採取,タコ漁などが行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸井
とい

北海道南西部、渡島(おしま)支庁(現、渡島総合振興局)管内にあった旧町名(戸井町(ちょう))。現在は函館(はこだて)市の南西部を占める一地区。1968年(昭和43)町制施行。2004年(平成16)恵山(えさん)町、南茅部(みなみかやべ)町、椴法華(とどほっけ)村とともに函館市に編入。名称の「戸井」は、アイヌ語のチエトイペツ(食べる土のある所)などからの転訛(てんか)。旧町域は、渡島半島南東部の亀田(かめだ)半島南部に位置する。津軽海峡に面し、国道278号が通じる。大部分は丘陵地で耕地は少ない。漁業が主産業で第二次世界大戦前はイワシやマグロ漁が盛んであった。現在はタコ、イカ、コンブ、サケ、カレイなどを漁獲する。1980年代以降はコンブ養殖、アワビ中間育成、ウニ種苗生産、ヒラメなどの魚類放流事業など栽培漁業への転換を進めている。汐首(しおくび)岬、武井(むい)の島など海岸一帯は恵山道立自然公園域。[瀬川秀良]
『『戸井町史』(1973・戸井町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸井の関連キーワード渡島道南恵山〈町〉北海道函館市亀田大森町北海道函館市亀田中野町北海道函館市亀田本町北海道函館市亀田町北海道函館市亀田港町戸井〈町〉椴法華〈村〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸井の関連情報