コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸井 とい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸井
とい

北海道南西部,函館市南部の旧町域。亀田半島の南端にある。 1968年町制。 2004年函館市に編入。地名はアイヌ語のチイトイベツ (食う土のあるところの意) に由来。津軽海峡に面し,イカ釣り,コンブ採取,タコ漁などが行なわれる。汐首岬や武井の島,原木海岸などの景勝地や釣り場があり,恵山道立自然公園に属する。海岸部を国道 278号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸井
とい

北海道南西部、渡島(おしま)支庁(現、渡島総合振興局)管内にあった旧町名(戸井町(ちょう))。現在は函館(はこだて)市の南西部を占める一地区。1968年(昭和43)町制施行。2004年(平成16)恵山(えさん)町、南茅部(みなみかやべ)町、椴法華(とどほっけ)村とともに函館市に編入。名称の「戸井」は、アイヌ語のチエトイペツ(食べる土のある所)などからの転訛(てんか)。旧町域は、渡島半島南東部の亀田(かめだ)半島南部に位置する。津軽海峡に面し、国道278号が通じる。大部分は丘陵地で耕地は少ない。漁業が主産業で第二次世界大戦前はイワシやマグロ漁が盛んであった。現在はタコ、イカ、コンブ、サケ、カレイなどを漁獲する。1980年代以降はコンブ養殖、アワビ中間育成、ウニ種苗生産、ヒラメなどの魚類放流事業など栽培漁業への転換を進めている。汐首(しおくび)岬、武井(むい)の島など海岸一帯は恵山道立自然公園域。[瀬川秀良]
『『戸井町史』(1973・戸井町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

戸井の関連キーワードes危険な扉 愛を手錠で繋ぐ時いのちの現場から〈6〉北海道函館市浜町ツベルクリン反応恵山(旧町名)大安(三重県)戸井田 三郎大間のマグロ北海道函館市きものの思想人見 米次郎戸井まぐろ5月14日瀬戸井広明菊川 君子函館(市)戸井智恵美辛島小恵植木 等戸井勝海

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸井の関連情報