コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南茅部 みなみかやべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南茅部
みなみかやべ

北海道南西部,函館市北東部の旧町域。亀田半島の北部を占める。 1959年町制。 2004年函館市に編入。地名はアイヌ語カヤウンベシュ (帆の崖の意) に由来。沿岸漁業が主産業で,イワシホッケ,イカ,スケトウダラコンブホタテガイなどの漁獲が多く,良質のコンブの産地として名高い。磯谷温泉,大船温泉,川汲温泉などの温泉がある。木直海岸や獅子鼻岬などの景勝地があり,一帯は恵山道立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南茅部
みなみかやべ

北海道南西部、渡島(おしま)支庁(現、渡島総合振興局)管内にあった旧町名(南茅部町(ちょう))。現在は函館(はこだて)市の北東部を占める一地区。1959年(昭和34)尾札部(おさつべ)、臼尻(うすじり)の2村が合併して南茅部村となり、同年町制施行。2004年(平成16)戸井(とい)町、恵山(えさん)町、椴法華(とどほっけ)村とともに函館市に編入される。旧町域は、渡島半島南東部の亀田(かめだ)半島にあり、太平洋に面す。海沿いに国道278号が通じる。山地や丘陵地が多く、耕地は少ない。屈曲に富む海岸には天然の良港が多く、コンブ、イワシ、サバ、サケなどの漁獲で知られてきた。なかでも白口浜(しろくちはま)のマコンブは良質で知られ、またマグロ大謀網(だいぼうあみ)漁業発祥の地といわれる。現在はイカ、スケトウダラ、エビ、ホッケ、サケの漁獲とコンブの養殖が盛ん。木材と水産物の加工業がある。川汲(かっくみ)、磯谷(いそや)、大船(おおふね)の温泉があり、川汲公園は桜の名所。台場山は箱館(はこだて)戦争の際に幕府軍が砲台を築いた所。国指定史跡の大船遺跡をはじめ、縄文時代の遺跡が多い。また、著保内野(チョボナイノ)遺跡出土の「中空土偶(ちゅうくうどぐう)」は国宝。海岸一帯は恵山道立自然公園の一部。[瀬川秀良]
『『南茅部町史』(1987・南茅部町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南茅部の関連情報