コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田貞三 とだていぞう

7件 の用語解説(戸田貞三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸田貞三
とだていぞう

[生]1887.3.6. 兵庫
[没]1955.7.31. 東京
社会学者。 1912年東京帝国大学を卒業後,20~45年同大学社会学研究室で教鞭をとり,その間,23年には日本社会学会を創設,40年初代会長,理事としても尽力した。その学説の特色は社会学を経験科学としてとらえ,社会哲学から絶縁した点にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とだ‐ていぞう〔‐テイザウ〕【戸田貞三】

[1887~1955]社会学者。兵庫の生まれ。東大教授。実証的な調査研究法を重視した社会学の確立に貢献。第1回の国勢調査の資料を基礎に日本の家族構成を分析。著「家族構成」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

戸田貞三【とだていぞう】

社会学者。兵庫県生れ。東大哲学科卒。経験科学としての社会学を確立しようとして実証的調査研究を重視し,米国で発達していた社会調査法を批判的に摂取,日本における社会学の実証化の先駆者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田貞三 とだ-ていぞう

1887-1955 大正-昭和時代の社会学者。
明治20年3月6日生まれ。昭和4年母校東京帝大の教授。アメリカの社会調査法をとりいれて日本の家族の特質を研究,実証的社会学の基礎をきずく。15年日本社会学会初代会長。昭和30年7月31日死去。68歳。兵庫県出身。著作に「家族構成」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とだていぞう【戸田貞三】

1887‐1955(明治20‐昭和30)
昭和期の社会学者。兵庫県に生まれる。1912年東京帝国大学哲学科を卒業し,富山薬学専門学校講師,東大助手を経て,19年大原社会問題研究所所員となる。20年東大講師となり,欧米へ留学し,社会調査を研究する。22年帰国,助教授となり,その後47年まで東京帝国大学で社会学を講じ,実証的学風の確立に努めた。前任者建部遯吾(たけべとんご)の思弁的学風を排して,経験的社会学を確立するために,アメリカで発達していた社会調査法を批判的に摂取し,《社会調査》(1933)を著し,社会現象の実態調査への先鞭(せんべん)をつけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とだていぞう【戸田貞三】

1887~1955) 社会学者。兵庫県生まれ。東大教授。実証的学風の確立につとめ、家族構造とその機能を分析した「家族構成」を著した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸田貞三
とだていぞう
(1887―1955)

社会学者。明治20年3月6日兵庫県に生まれる。1912年(明治45)東京帝国大学文科大学哲学科(社会学専修)卒業後、富山県立薬学専門学校教諭、東京帝国大学助手、大原社会問題研究所所員を経て欧米へ留学。1922年(大正11)に帰国ののち、東京帝国大学助教授、ついで1929年(昭和4)には同教授に就任して社会学講座を担当した。また東大着任後まもなく、従来の日本社会学院にかわる全国的学会として日本社会学会を創設し、その常務理事や会長として日本の社会学の新たな展開に大きな役割を果たした。アメリカのシカゴ学派の実証的社会学の影響を受け、日本の家族を対象とした研究を重ね、その成果は『家族の研究』(1926)、『家族と婚姻』(1934)および『家族構成』(1937)の三部作に示されている。なかでも第1回国勢調査(1920)の抽出票に基づいて日本の家族の親族構成を分析した『家族構成』の評価は高い。ほかに『社会学概論』(1952)などがある。昭和30年7月31日死去。[増田光吉]
『『家族の研究』(1926・弘文堂) ▽『家族と婚姻』(1934・中文館) ▽『家族構成』(1937・弘文堂/復刻版・1970・新泉社) ▽『社会学概論』(1952・有斐閣) ▽『戸田貞三著作集』14巻・別巻1(1993・大空社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の戸田貞三の言及

【家族社会学】より

…しかし,1920年代に入ると社会学独自の研究が現れてきた。集団としての家族を夫婦・親子の結合,社会的圧力との関係で分析した戸田貞三(《家族の研究》1926,《家族と婚姻》1934)は,1920年の国勢調査抽出票によって,日本家族の構成上の特質を親子中心の家族として説明した(《家族構成》1937)。鈴木栄太郎は農村社会を分析して,家族・家と村落共同体の問題を提示した(《日本農村社会学原理》1940)。…

【世帯】より

…それゆえ世帯を分析単位とする家族研究においては,官庁調査による世帯統計を資料とする場合に,別居家族員についての分析が不備にならざるをえない。 日本における家族の実証的研究の先駆となり,近代的な家族社会学の確立に貢献した社会学者の戸田貞三(1887‐1955)は,家族の実証分析の用具として世帯概念を社会学研究にはじめて導入した。日本の〈家〉と西欧の〈ファミリーfamily〉との間の概念的な差異に着目した戸田は,戸籍上の〈家〉に対して事実上の家族をとらえるための統計資料として,第1回国勢調査の1000分の1抽出写しの集計結果を用いた。…

※「戸田貞三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

戸田貞三の関連キーワード中小企業東京芸術大学120周年雑誌中南米映画総合雑誌シチェドリン鳩山一郎内閣鰐淵晴子スズライト SSトヨペットクラウンRS型

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone