手が付けられない(読み)てがつけられない

精選版 日本国語大辞典「手が付けられない」の解説

て【手】 が 付(つ)けられない

処置のしようがない。施すべき方法がない。
※両足院本山谷抄(1500頃)五「余り小て陋図で有ほどに手かつけられぬと云心ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手が付けられない」の解説

けられ◦ない

処置の施しようがない。「乱暴者で―◦ない」「―◦ない散らかりよう」
[類語]てこずる苦労困る弱る参るきゅうするこうずる苦しむ困り果てる困りきる困りぬく困却する往生おうじょうする難儀する難渋なんじゅうする閉口する困惑する当惑する途方に暮れる手を焼く手に余る持て余す手に負えない手が掛かる世話が焼ける始末に負えない始末が悪い・どうにもならない・如何ともしがたい・度し難い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android