世話が焼ける(読み)セワガヤケル

大辞林 第三版の解説

せわがやける【世話が焼ける】

ある人について手数がかかる。面倒だ。 「ずいぶん-・ける子供だ」 「世話の焼ける赤ん坊」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せわ【世話】 が 焼(や)ける

その人や事柄に対して他からの手助けが必要で、手数がかかる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「夫だって世話(セワ)がやけてならねへから、じれってへはな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世話が焼けるの関連情報