世話が焼ける(読み)せわがやける

精選版 日本国語大辞典「世話が焼ける」の解説

せわ【世話】 が 焼(や)ける

その人や事柄に対して他からの手助けが必要で、手数がかかる。
滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「夫だって世話(セワ)がやけてならねへから、じれってへはな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「世話が焼ける」の解説

世話せわ・ける

他人の手助けが必要で、手数がかかる。面倒である。「まだ幼くて―・ける」
[類語]てこずる苦労困る弱る参るきゅうするこうずる苦しむ困り果てる困りきる困りぬく困却する往生おうじょうする難儀する難渋なんじゅうする閉口する困惑する当惑する途方に暮れる手を焼く手に余る持て余す手に負えない手が付けられない手が掛かる始末に負えない始末が悪い・どうにもならない・如何ともしがたい・度し難い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android